« モンゴルの大地を駆ける(4) | トップページ | 10年振りに群馬へ »

2007年5月26日 (土)

モンゴルの大地を駆ける(5)

【話の肖像画 】 産経新聞2007年5月11日付

 ◆日本とチベット 橋渡し役に

 −−来日の経緯は

 ペマ まず、亜細亜大学の木村肥佐生教授が、チベット難民の子供たちを日本に呼びたいと提案し、同大の倉前盛通教授に相談されたのです。倉前先生が、埼玉医科大学を創設した丸木清美先生に話を持ちかけ、資金援助を得たのです。

 −−いろいろな方がかかわっていたのですね

 ペマ 当初はチベット難民の医療向上のために、看護婦を養成する計画が立てられたそうです。ところが、チベット側は「第1期生は男子にしてほしい」と主張し、私を含めて5人の男子が選ばれたのです。私たちは1965年12月に来日しました。翌年4月から中学1年に編入するため、小学校の国語の教科書を使って日本語の猛特訓を受けました。

 −−中学校に入学してからいかがでしたか

 ペマ 丸木先生の地元の埼玉県毛呂山町の毛呂山中学に入学し、1年生のときは全く授業についていけませんでした。ただ、町の人が総がかりで温かく教えてくれました。教科書にルビをふってくれたり、食事に誘ってお風呂に入れてくれたりで、本当に親切でした。

 −−亜細亜大学に進学。在学中にチベット文化研究会を創設した

 ペマ ええ、1973年当時は日本にチベットを支援する団体がなかったので、自ら設立しました。72年に日中国交正常化が実現したばかりで、日本での中国熱は盛り上がっていました。少しでも反中的なことを言ったりすると、「反動分子」扱いされて困りました。そのような雰囲気が変わったのが89年の天安門事件で、それを境に、われわれの主張も聞いてもらえるようになりました。

 −−90年、ダライ・ラマの代表をやめています

 ペマ 連絡官の時期も含めて実質的に14年間も活動しているなかで、新しい人材が出てきたこともあります。また、ダライ・ラマ法王が89年にノーベル平和賞を受賞したことで、チベット問題にとっても大きな転換期になりました。これを契機に、私は大学に戻り研究に専念したかったのです。岐阜女子大教授や拓殖大学海外事情研究所の客員研究員を務め、チベット問題をテーマにして博士号の取得にも全力を注ぎました。

 −−テレビなどでコメンテーターとしてもご活躍です

 ペマ さまざまなチャンスを与えていただき、私自身の視野も広がってきた気がいたします。日本で培ってきた知識や人脈をモンゴルのためにも使えればと思っています。個人的には歴史に残るような日本とチベットの橋渡しをしていきたいですね。

 =おわり

 (聞き手 相馬勝)

|

« モンゴルの大地を駆ける(4) | トップページ | 10年振りに群馬へ »

インタビュー録」カテゴリの記事