« 「小泉改革」の呪縛解け (上) | トップページ | 「小泉改革」の呪縛解け (下) »

2007年10月11日 (木)

「小泉改革」の呪縛解け (中)

「小泉改革」こそ自民党の敗因

私はたまたま今回安倍さんとは違う政党から立候補し、現政権の内政問題などに関しては批判をしてきたが、安倍内閣そのものに対しては私の期待通りではないにしてもよく頑張っているほうだと思っている。そして、少なくともあれだけ安倍さんのことをぼろくそに悪く言っているメディアと自民党に対しては、自分たちの反省をしてもらいたい気分である。

小泉前総理とメディアは自民党をぶち壊したのみならず、日本の将来の指導者たちの道も塞いでしまった。本来であれば平沼赴夫元通産大臣あたりが総理大臣になり、安倍首相が二、三回主要閣僚を体験してからでも年齢的には遅すぎず、むしろ日本の将来にとってはその方が良かったかもしれない。

だが小泉純一郎氏とその周辺の人々は改革の名の下に安倍さんを担いでしまい、今日に至って安倍さんが本当に自分の思うような真心のこもった政治を妨害しているのはむしろ彼らであるように思う。今回安倍首相が率いる自由民主党が負けた原因となった政治の現象は小泉内閣のツケであり、むしろその原因と責任は彼らにあることをメディアも正確に検証すべきであろう。

私はテレビを視ながら自民党の中から安倍おろしの動きが出れば、むしろ安倍さんは衆議院を解散する構えを見せたほうが自民党の議員たちはびびって逆に安倍政権維持に必死になるのではないかと思った。現に今、安倍さんが辞めるとしたら、本当に将来に対して野心と夢を持っている政治家は今は引き受けないだろうし、そうなればかつて自民党の副総裁などを経験し、YKKの一員であった山崎拓さんあたりを中心に暫定内閣でも作るしかないだろう。

そのような政権に世論がどう反応するかは別問題である。いずれにしても政治は安倍首相が内閣を改造して続行する方向で動いているようだが、メディアと安倍おろし勢力は今後も手を緩めず、さらに安倍潰しのためあの手この手を使ってくだろうと思う。が、安倍さんは逆にいつでも辞めてやるくらいの強気で臨んで欲しいと思う。(続く)

※世界日報2007年8月22日付より転載。文中、肩書き等は当時のままとなっています。

|

« 「小泉改革」の呪縛解け (上) | トップページ | 「小泉改革」の呪縛解け (下) »

政治批評」カテゴリの記事