« 緊急声明 3・15ラサ抗議行動への武力弾圧について | トップページ | お知らせ »

2008年3月17日 (月)

中国はいつまでチベット人を傷つけるのか

昭和40年にチベットから来日し、桐蔭横浜大学法学部教授でダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当の初代代表も務めたペマ・ギャルポさん(54)は、チベットでの騒乱について、「チベット人たちの安否が心配だ。中国はいつまでチベット人を傷つけるのか」と怒りをあらわにしている。

ペマさんは「チベツトは歴史的にも文化的にも独立性が高く、これまで中国政府が抑圧的な態度で掌握しようとしたができなかった。今回もあくまでチベット側の暴動というようにしたいようだが、騒ぎが拡大したのは中国公安当局が挑発したのが原因」と引き金を引いたのは中国政府側との見方を示した。その上で「北京五輪が目前だが、中国政府が人権を尊重し、チベット人の権利を認めるまでは、国際社会にふさわしい国とはいえない」と話している。

産経新聞 008.03.17 東京朝刊 

|

« 緊急声明 3・15ラサ抗議行動への武力弾圧について | トップページ | お知らせ »

ニュース」カテゴリの記事