« 人権と民族自決権 (下) | トップページ | 私は日本の中国属国化を心配している »

2008年5月31日 (土)

この一冊で中国の崩壊危機がよくわかる!!

 book 新刊 book

中国が隠し続けるチベットの真実  

仏教文化とチベット民族が消滅する日 

32078808_2  

チベットの人々は今、世界に何を訴えているのか?

「チベットで起きていることは文化の大虐殺だと思っています」(ダライ・ラマ法王十四世)


2008年3月14日、チベットのラサ市で発生した中国政府に対する抗議デモはいったい、なぜこれほど大規模な”騒乱”に発展したのか──。

中国によるダライ・ラマ法王の否定、仏教建築物の破壊、非人道的な拷問・殺戮、チベット人を上回る数の中国人の移住、チベット語・仏教・固有の文化の抹殺……

中共のチベット侵攻以降、チベットの人たちがたどってきた苦しみの歴史と真実を明かす!

扶桑社新書 定価:本体720円+税                                             

Book 扶桑社新書 中国が隠し続けるチベットの真実 (扶桑社新書 30)

著者:ペマ・ギャルポ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 人権と民族自決権 (下) | トップページ | 私は日本の中国属国化を心配している »

新刊のご案内」カテゴリの記事