« 責任と支援(上) | トップページ | 政治と倫理 毒入り 鮫子事件とインドの内閣不信任案に触れて (上) »

2008年8月24日 (日)

責任と支援(下)

 その色川先生は、私に先生の研究生及び塾生たちに対して話す機会を与えて下さったり、出版記念会にも呼んで下さいました。ですから一九八九年にダライ・ラマ法王がノーベル平和賞を受賞した祝賀会を催した時、私は当然のことながら色川先生をもご招待しました。それを聞きつけた先輩や関係者からは相当の批判と反発がありました。最終的に、私は当時チベット文化研究所の副会長であり主催者の中心的人物でもあった倉前先生に判断を仰ぎました。

 すると先生は、「これはダライ・ラマ法王とチベットのための祝賀会だ、その祝賀会にペマ君が呼びたいのであればそれで良い。色川さんが来たからといって色川の色に染まるものではない」とユーモアまで交えて答えて下さった時、私はほっとしました。と同時に先生は本当にチベットのためを考えて下さっていると思いましたし、倉前先生はチベットの立場でチベットを支援して下さっていました。

 当日、色川先生が見えた時、あんなに仲の悪かった倉前先生が、会場の入り口で色川先生に「本日はよくおいで下さいました。ペマ君が色々世話になっているようで……」という挨拶まで交わさてれていました。色川先生も丁寧に応じ、ご挨拶に立った時も、チベット問題以外に自分の私情を一切述べず、来客としての立場を貫いていらっしゃいました。両先生は特別に親しく雑談をすることなどはありませんでしたが、式典の最中は自然に隣に立つこともありました。このような倉前先生の振る舞いを見て、会場からも一切失礼なヤジなどありませんでした。私は両先生の歴史観、イデオロギーは百八十度違っていても、それぞれ信念を持ち、大変立派な方々であると思いました。私は当然のことながらチベット問題に対する色川先生の姿勢に関して感謝すると共に、誠実な人柄に共鳴しましたが、主義主張上は倉前先生の弟子であることに何の変化もありませんでした。

 私は人間にとって主義主張は大切であると思いますし、それを貫くことも大切であると思います。しかし、社会において自分の信念を他に押しつけたり、或いは自分の信念や信条を盾にして社会的責任を逃れようとする人が多いように思います。また自分の信念を固持する格好を見せることで他を受けつけず、他を近寄らせないで自分が特定の問題や領域に関して専売特許でも持っているかのような勘違いをしている人が多いような気がします。

 チベット問題についても、最近は勝手にダライ・ラマ法王の思想や言動まで解説し、それを盾に自分の立場やエゴを満たそうとしている人も少なくありません。

 私達は時と場合によっては、自分が置かれている社会的地位や立場によって果たさなければならない様々な責任があります。決して自分に都合の良いことばかりで、責任を取ることにもなりませんし、他を助けることにもなりません。私達はより普遍的な価値観を求め、それに準じて自分の行動を決め、そのためにはマハトマ・ガンジーの言葉にあるように「非難を恐れる者は何もせず、何も得ずに終わる」ということをよく理解し、全ての行動は勇気と覚悟の要ることを知っていて欲しいと願っています。 (了)

※『向上』(2008年9月号)より転載。

|

« 責任と支援(上) | トップページ | 政治と倫理 毒入り 鮫子事件とインドの内閣不信任案に触れて (上) »

幸せって何だろう?」カテゴリの記事