« 「チベット」というメッセージ  | トップページ | 教育について思う(上) »

2008年11月22日 (土)

正義は、われにあり

ダライ・ラマ法王十四世実兄

ギヤロ・トゥンドゥップ閣下に聞く

〔通訳 ペマ・ギャルポ〕

─ 閣下はダライ・ラマ法王のお兄さんですが、自分の弟がダライ・ラマであったことが分かったときに、どんなお気持ちでしたか?

ギヤロ・トゥンドゥップ閣下(以下、閣下)  チベットにおいては生まれ変わりということはどこでもしょっちゅうありますので、生まれ変わり自体は驚くべきことではありませんが、それがダライ・ラマだとすると別です。転生の調査団(註1)が来たときは、彼らは身分を隠していたので、気づきませんでしたが、弟がダライ・ラマの転生者だと確定したときは驚き興奮しました。とはいえ、当時、法王は二歳、私は七歳半。まだ子供ですから法王と分かった後でも一緒によく遊びましたよ。

─ ダライ・ラマ法王はチベット人にとってはどんな御存在なのですか?

閣下 宗教的には全ての人たちのラマ、つまり師であって、政治的には全ての人々の王です。ダライ・ラマ制度は三百年以上続いています。チベット人はもとよりモンゴルなど全世界のチベット仏教の信者たちが第一の指導者として尊敬しています。

─ 一九五九年、法王が亡命を余儀なくされたときは、どのような様子だったのですか。

閣下 私は既にインドにいました。亡命をインド政府が受け入れてくれました。たくさんのチベット人が殺されて法王も無事着かれるか心配でしたので、お迎えしたときは正直ほっとしました。私は五二年にチベットを離れていましたので、七年ぶりの再会でした。

─ 閣下はぺマ・ギャルポさんたち少年を日本など諸外国に送られたわけですが、それはどういう意図からだったのですか。

閣下 法王と共に十万人のチベット人が亡命しました。寺を失った僧侶たちを束ねること、高齢者への福祉、青壮年たちの働き口、そして子供たちの教育が重要な課題でした。残念ながら当時、亡命先で高等教育を施すことは困難でした。それで日本やヨーロッパに子供たちを送りました。

─ 当時、日本に対する印象は?

閣下 我々は日本についてはよく知っていました。ダライ・ラマ十三世の頃から日本とは深い関係にあります。第二次大戦前から我々は日本と関わっています。チベットは奥地で孤立していましたが日本のことはよく知っていましたし、日木が好きでした。第二次大戦のときにアメリカのルーズベルト大統領からチベットに対してチベット経由で中国の蒋介石政権に武器を送ることを許可してほしい、という要請があったんです。アメリカはビルマの援蒋ルートに代わってチベット経由を考えたのです。しかしチベット政府とチベット国民は中立を守ってその要請を拒否しました。その一事をもってしてもチベット人がいかに日本が好きだったか分かるでしょう。そのことはいまの日本人には覚えておいてほしいと思
います。

─ それは十三世と多田等観(註2)などの日本人との交流が記憶にあったからですね。

閣下 そうです。十三世はチベット軍の近代化をはかり、軍事顧間に日本人を迎えていましたから。何よりも日本も仏教国であることが信頼醸成において大きかったと思います。

─ ペマさんたちを送り出すにあたって、託したことは?

閣下 第一の目的は本人が教育、教養を身につけること、第二は日本語と日木文化を勉強してチベットと日本の橋渡しをすることでした。そして彼らはそれをやり遂げ、今も継続しています。

─ 大成功だったわけですね。

閣下 ええ、もっと送るべきですね。

─ 昨年、中共政府は、あろうことか、活仏は中共政府が認定するという制度を作りました(註3)。

閣下 共産主義は宗教を否定する。片方においては宗教を認めず、もう片方においては宗教に介入するというのは矛盾です。一方において憲法では信教の自由を認めているという。ならば宗教のことはそれを信仰している人たちにまかせればいいのであって、無神論者が口を挟むことはまったくおかしいことです。

─ 法王猊下は文化的虐殺といわれましたが。

閣下 私たちチベットは人口も少なく大した力もありません。智恵も足りません。しかし正義だけはチベット側にあります。私たちはチベットの文化、伝統を維持し、それを継承することに力を入れてきました。私たちが求めているのはチベット人の正当な権利を認めてほしいということであって、それ以上を求めているわけではありません。チベット人の正当な権利の中には、自分たちの伝統、宗教を守り、それを次の世代に継承する教育などが含まれています。
一九七九年、私は中国の鄧小平と会い、そこからダライ・ラマ法王代表団と北京政府との接触が始まりました。以来二十八年間、私は毎年中国に行つていますが、中国政府に対して、お互いに話し合い、チベット人の民意を尊重すべきだと言い続けています。二十八年の間には紆余曲折がありました。しかし我々としては忍耐をもつて接触を続けています。特に今年は大きな出来事がありました。そのことによって様々な誤解も生じております。彼らはダライ・ラマ法王の白い帽子を黒く塗っております。それは真実ではありません。法王は平和的解決を目指してあらゆる努力を続けておられます。
日本はアジアのことを一番よく知っており、国民の教養も高い国です。日本の皆さんに訴えたいことは、アジアの平和と安定のために日本はもっと積極的なかかわりを持っていただきたいということです。そして多くの日本人にできるだけチベットに行っていただき、またインド亡命政府のダライ・ラマ法王に会っていただき自分の目で真実を見ていただきたいと思います。

(文責・編集部。本稿はチベット自由人権日本百人委員会=ペマ・ギヤルポ代表幹事=発足シンポジウム参加のため来日された閣下に、北京五輪前の七月三十一日に取材したものです。掲載が遅れましたことを閣下、そして通訳頂いたぺマ氏、関係各位にお詫び致します。)

(註1)チベットではダライ・ラマをはじ
め高僧は「活仏」として次の後継者が選
ばれる。伝統的な方法に則って先代の転
生者、つまり生まれ変わりを探して後継
者に認定する。

(註2)多田等観(ただ・とうかん)明治
23年秋田生まれの僧侶、仏教学者。チベ
ットに渡り、ダライ・ラマ十三世の寵愛
を受け、約10年間の修行の後、チベット
大蔵経全巻をはじめ膨大な資料を日本に
持ち帰る。

(註3)中共政府は二〇〇七年九月、「チ
ベット仏教活仏転生管理規制」という法
律を制定した。「活仏」の認定を中共に
よる許可制にするというもの。これより
先、ダライ・ラマに継ぐ地位のパンチェ
ン・ラマ十世の後継者として一九九五年
にチベット亡命政府(ダライ・ラマ法
王が認定した少年は、その直後両親と共
に行方不明となり、今日まで消息不明の
まま。一方で、中共政府は独自にパンチ
ェン・ラマ十一世を認定した。

※『日本の息吹』(平成20年12月号)より転載。

|

« 「チベット」というメッセージ  | トップページ | 教育について思う(上) »

チベット問題とは何か」カテゴリの記事