« 精神性の探究(下) | トップページ | 対談 「チベットの今と私たち」 ペマ・ギャルポ×中沢新一 (上) »

2008年12月28日 (日)

ダライ・ラマ訪日を前にして

米国の如く迎えられるか

独立国家の姿勢を示す機会

米大統領と議会与野党が表彰

 十月十七日ダライ・ラマ法王とブッシュ大統領はホワイトハウスで親しく懇談され、チベット情勢、ビルマの現状などについてまで話題が及んだ。アメリカ政府としては中国を必要以上に刺激したくないという配慮もあって、法王との歓談は執務室ではなく居間で設定された。しかし偶然か意図的かは別として、この時期に中国共産党の第十七回党大会が開催中でもあり、今まで以上に中国は反対し、北京駐在アメリカ大使を中国の外務大臣が呼びつけ激しく抗議をした。
 しかし、アメリカは基本姿勢を崩すことなく翌日、議会において民間へ与える最高の栄誉賞の授賞式でペロシ議長をはじめ、両院の指導者たち並びに共和党、民主党の次期大統領有力候補たちも含め、大勢の特別招待者たちやメディアの目の前でブッシュ大統領自ら法王を会場にエスコートし、自らの手で賞を渡した。
 このアメリカの勇気ある行為はチベット国民に対しても大きな勇気づけとなった。世界各地でチベット人による祝賀の催しが行われ、チベット本土でも僧侶たちや若者たちがお祝いをしたところ当局によって捕まえられたという報道も流れた。
 久しぶりにチベット問題が世界的に注目を浴び、半世紀以上たった今日もチベットが完全に消えていないことを印象付ける結果となった。しかし、半世紀を過ぎても中国政府の首脳は一向に過去の経験から物事を学んでおらず、チベットに対する対応はあくまでも自分たちの価値観を押し付けていくという姿勢は変わっていないようである。

チベット問題で中国に筋通せ

 ダライ・ラマ法王は一九五九年インドに亡命して以来一貫してチベット問題の平和的解決を主張し、中国の指導者たちに対してもそのことを訴え続けてきた。しかし、中国は対話そのものには応じたものの、問題解決の本質を真面目に見ようとする姿勢は持っていない。それどころか逆にダライ・ラマ法王が政治活動をしており、チベットの分離独立を図っていると主張し、法王が訪ねる世界各国に対し、まず第一にビザを出さないことを要求し、それを止められないことを知ると、要人などが法王と会うことは非友好的行為であり、その結果によっては両国間の関係を悪化させることもあり得るとし、法王の海外渡航を邪魔するのみならず、その活動を妨害する行為を繰り返している。
 だが、現段階ではアメリカの他にドイツ、カナダをはじめとする西側の首脳は逆に中国に対し、法王と真剣に話し合うべきだということを進言すると同時に、法王との面会に応じ、法王の平和的解決方法に対して、モラルサボートを惜しみなく与え続けている。
 今月十五日から法王は日本をご訪問され、法話、講演を行う。先進七カ国の殆どの首脳が法王と対面し、世界の人権問題や平和について語っているが、わが国の総理はどのような対応をするだろうか。独立国家としての日本の姿を世界に示す良いチャンスとして捉えるであろうか。私は日本の自衛隊による平和活動や救援活動も大事だと思うが同様にチベット問題に対して、アジアのリーダーとして独自の姿勢を示すことも重要でないかと考える。

力モフラージュした同化政策

 日本の政治家で真にチベットの独立を支援し、その問題をきちんと理解しているのは石原慎太郎都知事他十数名しかおられない。チベット問題を人権問題化して、問題の本質を曖昧にするような国際人権派と称する政治家や、ジャーナリストたちの支援も、もちろん重要ではあるが、中国が「鞭」に代わって「飴」を使い、経済活動や表面的宗教活動に対する多少の緩和政策は、チベット独自の文化、宗教、民族意識などを失わせ、同化政策を強化するためのカモフラージュを見破ることができなくなる危険性のあることを指摘せざるを得ない。
 チベットヘの鉄道の開通や、観光開発の促進は、チベット人の長期的利益を考える場合、両手を挙げて歓迎できないのは、これらの付属品として中国人の移住とともにチベットが経済的、文化的に大中国にのみこまれていくからである。
 かつてマハトマ・ガンジーは悪事が行われているのを見て見ぬ振りをするのは共犯者であると言い切ったが、私は発展、開発の名において協力する行為はまさに共犯そのものであると思う。中国は来年オリンピックを主催することになっている。これに対して心ある人々は今のような独裁政権のもとで、オリンピックを決行することに懸念を示している。読者の皆様はどう考えるであろうか。

※『世界日報』(2007年11月7日付より転載)

|

« 精神性の探究(下) | トップページ | 対談 「チベットの今と私たち」 ペマ・ギャルポ×中沢新一 (上) »

チベット問題とは何か」カテゴリの記事