« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

時代を読む(下)

 先日も、リストラも残業もない岐阜県の会社を経営する、一般にケチとされている社長を紹介し、実際はその社長がケチではなく経営の達人であると称賛している番組がありました。社員と経営者の関係が良く、安定しているその会社では三十代半ばの社員の給料が三十八万円で、社長の給料が百二十万円、そして年に一回社員旅行があり、昨年は会社の費用一億円以上をかけてオーストラリアに行ったという、今の時代にしては羨ましい限りの職場でした。

 しかもこの会社は創業以来四十年間、黒字経営だと言います。この会社の社員たちは出社・退社のタイムカードもなく、信頼に基づく職場環境になっていることが協調されていました。社員は一人一人、自分が使わない電気を消したり、八百人もいる社員がたった一台のコピー機を共有して使用したりしているという、社員の会社愛のようなものを指摘していました。

 このような風景は、日本がかつて「ジャパンアズナンバーワン」と持ち上げられ、不動産などの成金が幅を利かせるようになって国内外で日本人が土地を買い漁るようになり、銀行がどんどん資金を貸し出してバブルを作った頃までの会社の姿です。かつて日本の社会そのものが、この番組で紹介された会社と社長、社員の姿であったように思うのです。

 それを、グリーンスパンを頂点とする自由経済信奉者たちが、資本主義社会において本来全ての宗教や道徳が何千何百年来教えてきた、謙虚さや節度を時代遅れのものと潮笑してきたのです。

 当時、まだ四十代後半であった私などは、外国から来た人間として、日本的経営のノウハウや社会の精神構造が非常に優れていることを指摘し、信頼と思いやりの人間関係こそが重要であり、これからも日本の先輩たちが.試行錯誤して築きあげてきた伝統や価値観をヰ しうまん守って欲しいと切願し、傲慢な資本主義に基づく無秩序、無計画の改革という名の破壊を止めるようテレビなどで忠告したところ、司会者などからは「ペマさん、その考え方は古いですよ」と指摘され、周囲からは世間知らずの保守的外国人のように思われてしまいました。

 私は、テレビなどの討論会でも周囲とかみ合わないほど孤立しましたが、それを好意的に見てくださった番組のあるプロデューサーは、私を「異質的存在」として守ろうとして下さったことを今でも覚えています。

 しかし今となって、当時私が申し上げたというよりも日本の終身雇用制や年功序列の社会の利点が徐々に理解されるようになってきました。このように社会が変わってきていることが嬉しいと思うと同時に、何か悔しい思いがわき上がってきます。なるべく良い経験は人間誰にもして欲しいと思いますが、本来であれば、悪い経験をしなくとも済むようにするのが評論家やコメンテーターの役割であった筈ではないでしょうか。 (了)

※『向上』(2009年8月号)より転載。

|

2009年7月28日 (火)

時代を読む(上)

 最近、テレビなどを見ていると《時代を読む》ことの意味を考えさせるものがあります。
 大学生時代の恩師の教えの一つは、時代を先に読んで手を打つことの重要性でした。その場合の《時代を読む》とは、一年、十年、百年後に起こりうることを考えて、そのために備えていくという意味です。従って、当然その予測する事柄が起きないように予防することの大切さも含んでいます。またはその予測したような事態が起きても、それに充分対応し、それによってマイナスの影響を最小限に止めることにあります。

190_1_2  しかし最近、テレビなどを見ていると、本来であれば世の中に対しいち早く予防的注意を行い人々を啓蒙していく、べきものが、その時々の時流をうまく察知して、その時流に上手に乗ることを意味しているような思いがするのです。

 六月八日朝の番組で、ある著名人が、「日本にはアメリカ的な能力主義は合わないのに、グローバライゼーションとともに日本を弱体化するため、アメリカにそそのかされて能力主義や年功序列を否定するような風潮が生まれたのです」と、もっともらしく弁舌をふるっていました。

 この方の発言に限らず、最近ラジオ放送などを聞いて、腑に落ちないことがあります。

 それは十年くらい前から日本中の言論人、評論家と称する人々が先頭を切って、日本的経営を否定し、フリーターやパートとしての生き方を絶賛したことです。そして、真面目で正直な評論家、特に経済評論家などは言論の場から排除するような傾向が目立ちました。

 さらに今日の番組では、もう一人の女性の評論家が、「会社で働く人や経営者よりも、株主の方に対する責任云々という風潮が日本の現在の不況を起こした」というような発言をされていました。

 私の乏しい記憶では、これらの方々はかつて先頭に立ってリストラを称賛し、日本的年功序列などに基づく経営を悪の根源であるかのように非難していたように思うのです。

 上記に紹介したような評論家やコメンテーターのみならず、番組の制作者も私は無責任極まるものであるように思いました。 (続く)

※『向上』(2009年8月号)より転載。

|

2009年7月13日 (月)

天安門事件20年の軽い人権

一層傲慢になった中国
商売ゆえに屈する国際世論

 天安門事件「決起」が起きて早20年が経過した。当時世界中が北京政府の自国民に対する非人道的かつ暴力的行為に対し憤って様々な形で抗議が行われた。国によって大使を引き揚げたり、経済制裁の一環としてODA(政府開発援助)を一時停止したり、様々な形で民主化を要求する学生や市民に対して称賛と激励の言葉が送られた。日本でもそれから数年間は政治家なども参加して毎年6月4日に抗議集会などが行われた。

 私も中国人ではないという前提で支援者として何度か参加し、時間の許す限り中国民主化を求める指導者たちとも意見交換などを行ってきた。この20年間に中国の民主化を求める人々の様々なグループやリーダーを目指す個人が現れては消え、離合集散を繰り返している。この状況から見ても、この問題がいかに難しいものであるかということがよく分かる。私の推測では折角まとまってきたかと思うと分裂していく現象の裏には当局の巧妙な手口が及んでいるように思う。

 最初の数年間は各集会に政治家なども積極的に参加し、我こそが民主主義のチャンピオンであり、国際人権のリーダーであると自慢気に演説をぶって大衆を元気づけていたが、次第に姿を現さなくなり、集会もいくつかに分散してしまった傾向が見られた。この現象自体に関しては民主化運動に直接携わっている方々の内部事情であるので私がとやかく言うべきことでも無いし、言うつもりも無い。むしろ一生懸命頑張っている人々に対し心から敬意とエールを送りたいと思う。

 私がここで問題にしたいのは、中国の政治状況が20年前と殆ど変わってなく、むしろ経済的軍事的に力を付けた中国政府はより一層傲慢で抑圧的になっていることだ。1989年から1990年代において、中国政府に対して好意的な評論家や言論人は、長い内戦に続き文化大革命の悲劇的な時代を経てきた中国にとって経済が最も重要であり、経済が良くなれば必ず政治改革が行われ、中国自らの手で民主化を図り政治改革も行われるので、それまでの辛抱であると民主化を求める人や、中国に対し批判的な人々を説得していた。

 しかし、その後、経済が発展しても政治的改革は見られず、2008年には再びチベットで流血騒ぎが起き数百人の命が奪われた。その時、今度は中国との経済関係を悪化させてはならない、中国と商売ができなくなったら大変だという口実で、チベットで命を奪われた人々の犠牲は、経済的理由で見て見ぬふりをするよう周囲に呼び掛ける経済人や文化人が現れた。政治家たちも、人権を尊いとまるで自分たちの専売特許のように平和を唱える運動家たちも、結局はキャンドルサービスやメディアにコメントを出すことぐらいで、それ以上の政治的声明も国連の決議も無いまま、北京オリンピックが実行され、ヒトラーよりも多くの人々を惨殺した中国共産党の旗のもと参列した。

 この人々にとって言行一致などは全く気にしておらず、また世論も何の矛盾も感じず拍手を送っていた。私は人間の命の尊さとか人権というのは、もっと普遍的なものであったはずなのにという気持ちで今回の天安門の決起記念日を、悔しさを抑えながら迎えた。

 北朝鮮の核実験に関しても結局は中国の強い反対で押し切られ、最終的に日本の望むような強い声明文を出せず、アメリカも同盟国でありながら中国に対抗して徹底的に北朝鮮を非難するところには至らなかった。結局、北朝鮮が自ら核武装し、韓国が明確にアメリカの核の保護を受けるに至った。このように朝鮮半島に核が配備され、その後ろにその何倍も威力のある中国が核武装している現状において、日本は果たして憲法第9条と非核三原則によって守られていくのだろうか。憲法第9条と非核三原則は日本を守るどころか日本を拘束しているに過ぎないように見えるのは私だけであろうか。

 私は次の選挙あたりで政治家も国民も臭い物にフタをするように憲法第9条の問題や非核三原則を宗教のお守りとして使うのでは無く、生きた法律そして現実に沿った政治理念として非核三原則の問題も選挙できちんと国民に考え、判断してもらう時期に来ているのではないだろうかと思う。

 かつてフランスは、ソ連の脅威から自国を守るという大義名分で核武装し、結果的にはいかなる国(米ソを含めて)に対してもその脅威に屈しないという姿勢を見せ、人口や面積、国土などから考えられないほど堂々と米ソの間を渉り歩いた。中国、英国などとも肩を並べて国連の安保理常任理事国として、またEUのリーダーとして存在を維持している背景には、常に自分がフリーハンドを保持しているからこそ是々非々で自由に行動し、主張できるからではないだろうか。

 私は日本の憲法第9条にしても非核3原則にしても日本が一方的に宣言し自らに足枷かせをはめているに過ぎず、他国に対してはそれを尊重する義務がどこにもないところに問題があると言いたい。

※『世界日報』(2009年7月6日付)より転載

|

2009年7月12日 (日)

中国が日本人に読まれることを最も恐れる一冊!!

最新刊 『迷走 日本外交に物申す! 暴走する中国を止められるのか』(北星堂刊、税別1,300円) ISBN978-4-590-01248-3

Shinkan002
 本書で、日本の外交にいろいろ苦言を呈しました。なにかと「悪口」ばかり書きたてたようですが、それでも日本政府や外務省には頑張っていただきたいというのが、本当の私の気持ちです。
 そこで私なりに、どうすればいいのかといういくつかの提言をしておきます。
 まず、政治のあり方です。外国と折衝するにも、国内の体制が整っていないことには話になりません。何より政治家の質が問われるところですが、その政治家を選ぶ国民一人ひとりがしっかりしていないと、極めて危険な制度が民主主義なのです。
 しっかりとした国家観を持ちながらも、国際社会において国際社会の一員としての認識と視野を持つことも時代の要請です。また政治家のみならず国民の自覚と自信も大切です。歴史を振り返ってみたら、他によって滅ぼされた国も、実際は内部から崩壊しているケースが多いのです。 (「あとがきにかえて」より抜粋)



── 各章の目次 ──

第1章 他人事では済まされなくなるチベット問題

チベットを侵略した中国共産党/もともと独立国家だったチベット/「少数民族」の自立を約束していた中国/中国が犯した国際法違反/チベット人を殺戮し続けた中国/膨張する中国に日本が呑み込まれる日/中国の日本侵略が始まった!

第2章 脅威となる中国の軍事力

軍事大国化する中国/「不測の事態」が発生しても何もできない自衛隊/中ロ軍事演習の狙い/中印軍事演習の狙い/日米同盟に対抗する中国の動き/膨張する中国/威嚇する中国海軍

第3章 日本外交がいま直面している問題

アメリカの承認なしに日本の総理大臣は存在しない?/アメリカ依存からは脱却できない/首相の足を引っ張る愚挙/北朝鮮問題で利を得た中国/「将軍様」金正日がいちばん怖れていること/拉致被害者は置き去りにされた!/日本の国際貢献はどうあるべきか/国連の問題点/金だけをむしり取られる日本/国連憲章の矛盾

第4章 外務省の無責任体質と情報機関の脆弱さ

日本が行なった「テロ行為」?/弛みきった対応と責任感のなさ/責任をとらない体質/自殺に追い込まれた領事館員/事件を隠蔽し続けた外務省/非を認めない中国と追及できない外務省/主権を踏みにじられても問題意識なし/スパイの使いかたは一枚も二枚も上手/女性スキャンダルで弱みを握られる政治家/防諜システムの欠如/「情報低国」日本にもしっかしりた諜報機関を

第5章 大きな誤リがあった戦後処理

八月一五日に参拝するべきだった小泉首相/中国・韓国が靖国参拝に反対する理由/「東京裁判」は勝者の敗者に対する報復に過ぎない/東京裁判は正当性を欠く/歪められた「裁判」/「自衛のための戦争」か「侵略戦争」か/謝れば済むという事なかれ主義/中国のプロパガンダに負け続ける

第6章 主権問題に無関心な国民

「領土問題に無関心」は危険/いっこうに返ってこない北方領土/竹島問題/竹島を韓国領としたアメリカ/尖閣諸島問題/中国の味方をするアメリカ?/東シナ海ガス田問題/もっと領土問題に関心を抱くべき

第7章 エネルギー争奪戦争の舞台裏

資源ナショナリズムの台頭/資源エネルギーを武器に強硬外交を続けるロシア/イラク戦争の目的は石油利権/資源産出国の力がますます強くなる/石油をガブ飲みする中国/中国のアフリカ進出は国家成立のときから/日本の石油戦略にも対抗心/日本のシーレーンをも脅かす/脱二酸化炭素社会を目指す

第8章 やっかいな隣国、中国とどう向き合うか

中国の台頭に日本の立場は弱くなる/中国の「反日」は国是/日本を「悪人」に仕立て上げる中国/自らの非をけっして認めない一党独裁体制/「反日教育」で自らの正当性を主張する/「日本自治区」「日本省」とならないために/中国に金をむしり取られる愚/国民に日本の援助を知らせない中国政府/人命よりメンツを優先させる

迷走日本外交に物申す!-暴走する中国を止められるのか- Book 迷走日本外交に物申す!-暴走する中国を止められるのか-

著者:ペマ・ギャルポ
販売元:北星堂書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »