« 月夜の蟹(上) | トップページ | 田中元外相発言に抗議する »

2009年8月26日 (水)

月夜の蟹(下)

 しかしよく考えてみると、明治から昭和までの日本は西洋を模範としながらも西洋の文化を消化し、日本ならではのものに仕上げていたところに日本的創造性があった。ただ単に西洋を鵜呑みにし、それを真似ようとしたのではなく、西洋の優れた部分を吸収し、それを応用して、より強いより豊かな社会を作るという明確な目的と方向性を持っていた。

 残念ながら、平成に入ってからは、国際化、グローバライゼーションの名において、そのまま西洋のものを日本に適用させようとし、日本そのものをグローバルとかインターナショナルという名を借りてアメリカナイゼーションしようとした。その結果、日本独自の応用力と高度な精神文化まで失うことにつながった。

 明治の人々は西洋から学び、祖国を守り、アジアで唯一植民地化を阻止することに成功した。富国強兵のスローガンのもと、日本は世界から無視できない存在となり、当時の国際連盟の常任理事国にのし上がった。そして多少の自信過剰などによって招いた結果に対しては、色々な見解や意見があることは十分承知しているが、日本が世界の中で無視できない存在になったこと、美しい自然環境と豊かな文化・文明と言っても良いくらいの高度な文化を国民全体が共有できて、しかも世界の上位に位置する教育の普及率を誇るに至ったことは誰も否定できないであろう。

 同様に第二次世界大戦で戦争に負け、国が廃墟と化した中から、バイタリティーと不屈の精神によってわずか二十五年で見事に国を再建し復興した。その過程において、もちろん日本はアメリカを始めヨーロッパ諸国から多く吸収し、真似し、そして「メイド・イン・ジャパン」をブランド化して、国そのものが大きな信頼と高い評価を得た。

 誰もが日本製品の精密な精魂込めた仕事を疑わなくなった。日本人は勤勉で器用でそして誠実であることを、当たり前のように思うようになった。

 また日本人のチームワークや仲間意識、協働意識、共栄という精神からの郷土愛、会社愛は、他国の人々や民族から良い模範として例に出されるようになった。

 日本のサラリーマンは会社人間あるいはモーレツ社員として知られ、家族までが社宅で集団生活をし、会社を中心とする運命共同体が構築された。

 日本はこの他、小中高大学などの同窓会あるいは、故郷を中心とする県人会などの他に様々なグループのもとで行動したことから、外国の人類学者などはこれを「タマネギ症候群」と呼ぶようになった。日本人は沢山のグループに入っているとういう帰属意識によって連帯を固めるので、最終的にタマネギのように何層にも重なっているという意味である。

 これがまさに日本の強みであり、日本ならではの知恵であった。

 「タマネギ症候群」に加え、日本人は共同体の中でお互いの気持ちを察し、個人の主張を控えるため、外国の学者からは「クラゲ症候群」、つまり骨がないと皮肉られた。しかし私は、骨が無くとも生きていたこと自体が大きな主体性であったように感じる。

 ところが平成十年以降、急速に流行りだした自己主張、個性という名のもとに自己中心的な風潮が蔓延し、グローバライゼーションと自由の名のもとに今まで築き上げて来た全てのものを無計画に破壊してきた。

 その結果、日本は、越路吹雪の言う「月夜の蟹」になってしまい、それが家族の絆、社会の連帯、国と国民の信頼全てを破壊し始めているように思う。

 そして今、目標や目的、手段が明確でない「チェンジ」という名のもとに、総選挙に突入しようとしている。私はもう一度「チェンジ」とは何か、何のためか、それによって何が得られるかを真剣に考えて欲しいと願う。 (了)

※『向上』(2009年9月号)より転載。

|

« 月夜の蟹(上) | トップページ | 田中元外相発言に抗議する »

幸せって何だろう?」カテゴリの記事