« チベット問題の良き理解者 | トップページ | 月夜の蟹(上) »

2009年8月24日 (月)

国が発展する明確な目標を

外交防衛軽視の総選挙
米印関係の変化にも無頓着

  今、日本は国の将来を大きく左右するような国政選挙を迎えようとしているが、話題の焦点は官僚政治の打破のほか、内政、特に福祉問題に集中しているように思う。勿論これらの問題は極めて重要であるが、国家として成り立つていく上において長期的に考えてみると、私は教育問題や外交問題、防衛問題というような、すぐには目に見えないものも大変重要であるように思う。だが、残念ながらこの問題に関しては各政党あいまいな表現で片付けようとしているように見受ける。

 今日の多発する残酷極まる事件や高齢者などを特に狙い打ちにしている巧妙な詐欺事件、そして渋谷の夜の路上で目にする若い女性のあられもない姿は泥酔しているか薬物でも使用しているとしか考えられないが、声を掛けるにも最近このような光景は日常茶飯事であり注意すると逆ギレされるからと同行者に言われ、素通りしてしまった自分自身も情けなく思う始末である。これらの問題は政令や条例で片付くものではなく、法律以前の問題であり道徳や倫理が教育の現場ならびに家庭の躾から軽視されてきたという社会現象の結果であると考えるしかない。その解決方法は教育を根本的に見直すほか無いのではないか。

 次に防衛問題について、浜田防衛大臣は内閣に対し2009年版防衛白書を報告したと報道されている。その中で北朝鮮と中国について触れてあり、特に中国は台湾問題に対処する以上の軍備をしていることを指摘している。中国のこの数年間における海洋国家への転出は目に余るものがあり、アジアの国々は勿論、米国までがこの問題を注目し始めていることは言うまでもない。

 日本の防衛に関わる専門家たちや一部の学識経験者や政治家たちもこの問題に気づき始めているが、全体の流れとしては意図的に沈黙を続けているのか、或いは無頓着であるのか、中国に対して遠慮しているのか知らないが日本だけは何も手を打っていないように見える。勿論、政治家の中には安倍元首相や中川前財務大臣らが本に著したり、発言しているものの、日本の世論を形成するうえで大きな役割を持つメディアは冷ややかである。

 このような状況の中において私が興味を持ったのはクリントン国務長官のインド訪問である。同長官のインド訪問は日本においては総選挙のニュースが重要であったためか、メディアが意図的に軽視することに決めたせいか、余り注視されていなかったが、私はこの訪問は世界政治においても大きな変化をもたらす重要な訪問で、しかも米印両国にとって極めて有益な訪問であったと考える。特に防衛に関する協定が実現されたことは、両国の外交、防衛上、歴史的な歩み寄りであり、飛躍的な成果であったと評価している。

 両国は防衛において戦闘機などの売買を始め、武器の調達にまで具体的な取り決めに及んだ。今までどちらかと言えば旧ソ連に依存度の高かったインドが思い切って米国や、その米国と密接な関係にあるイスラエルからの武器調達に切り替えたということは、お互いの長期的な利益とそれを裏付ける信頼関係の構築が確信できたからであるに違いない。両国をこのような方向に導いたのは、両国の首脳が公式に認めようが認めまいが中国の一連の軍事的野望と、自信に満ちた、大胆な覇権を意識した軍事行動によって生じたことは明白である。

 中国は最近日本周辺の海で活発な動きをしているにも拘わらず、日本ではそれらの動きを牽制するような軍事行動も無ければ、それに抗議する外向的な声明も見当たらないし、それを批判するような新聞記事も見当たらない。政治の目的は国家の安全を保障し、国民の生命と財産を守り、国民の生活を豊かにするということは基本的にどの政党も考えてはいるのかもしれない。だが、それが政策の重点にあるようには見受けられず、自らの国の日常業務である行政を実行している官僚を叩き、明治維新以来試行錯誤して築き上げてきたあらゆる国のシステムを明確な代案や鮮明なビジョンも無いまま、ただひたすらに破壊することに躍起になっている向きがある。

 今、私たち国民一人一人、そしてその国民の信託を受けてこれから政治を運営しようとする代議士に立候補しようとする人々を含め私たち皆が考えなければならないことは、世界の中でどうやってこの国を維持し、発展させ、それを継続していくかという明確なビジョンを追求することにあるのではないだろうか。

 巨大な軍事大国化している中国と今後どう付き合っていくか、なんとかに刃物と言われるように核を手にしてしまった北朝鮮とどのように対応するか、そしてこの国の基礎工事とも言うべき教育と経済をどのように再構築するかということをベースに、どの候補者、どの政党が解決のための明確なビジョンと、実行するための経験と能力を持っているのかということを慎重に見極めなければならない。

※『世界日報』(2009年8月12日付)より転載。

|

« チベット問題の良き理解者 | トップページ | 月夜の蟹(上) »

政治批評」カテゴリの記事