« 命と平和の意味(上) | トップページ | 人権なき中国60年を悲しむ »

2009年9月28日 (月)

命と平和の意味(下)

 私の個人的な考えは、靖国神社に眠る方々は祖国のために尊い命を捧げた時代の被害者たちであって、いわゆるA級戦犯と称する人々も含めて、今の人間が一方的に批判や非難をしたりすることが出来ない歴史的な問題であるように思う。

 特にたった一人の閣僚が靖国神社を参拝したから異質な存在だとして報道する日本の新聞をベトナムの地で読んで、私は嘆かわしく感じた。それは私が、四十数年間この国に住み、生活し、本能的に愛着を生じてきたからかもしれない。

 時期を同じくして、私は飛行機の中で日本の自殺者についての記事を目にした。もちろん今の日本で自殺者が大きな社会問題になっていることは皆様もご承知だろう。自殺に関しては遺書などが発見されて初めて自殺と断定されており、遺書などのない自殺を含めると、自らの命を絶つ人々の数は実際その倍くらいではないかと推定される。

  また最近は、自らの焦燥、不満などから衝酌に大量殺人を引き起こすという事件も珍しくなくなった。私は、そうしたことを報道する日本の番組で、命の尊さや平和の尊さを論じる人々の言葉の“軽さ”にこそ、今の日本が逆に命を軽視する要因があるように感じた。

 ベトナムの人々を含め、実際に戦争を体験し、尊い家族の死を目にした人、或いは一日一日を生きるために必死に戦った人の方が生死の実感があるからこそ、生きること生かされていることに感謝し、一生懸命生きているように思える。

 私がベトナムで視察した戦争博物館には、アメリカ軍の武器や弾薬が陳列されていた。そこにはアメリカ人やアメリカと一緒になってベトナムと戦った国々の人々も見学に訪れていた。彼らに対して、ガイドは一方的にアメリカを責めるような発言もしなければ謝罪を求めることもしなかった。

 その時私が思い出したのは、アメリカの初代駐ベトナム大使として赴任した米軍将校がインタビューで、「かつて私は軍人としての私の任務を果たして戦った、、そして今は外交官として両国の親善のために尽くしたい」と語ったことだ。その大使を出迎えたベトナムの高官は、アメリカ人捕虜を虐待した人で、「今日、私は友人として彼を迎えに来た。虐待したことに対して後悔は無い」と言った。もしもう一回戦争になったら戦いますかという質問に対しては、「そうならないために我々は今、友好を構築しているが、もちろん国のために戦わなけれぱならない時は、軍人として戦うでしょう」と答えて、二人は固い握手をしたという。私はこの記事を読んで、感銘を受けたものだった。

 過去ばかりにこだわる者は、未来を失う危険性があるように思う。

 そのために、日本人は昭和と平成の時代に区切りをつけ、アジアの概念も改めることによって新たな対等平等の立場で、真の平和を守り、命を尊ぶ教育をするために「いただきます」「ありがとうございます」の基本から出直す必要があると考える。

 今回の総選挙においても重要な教育問遷、外交防衛問題について各政党が軽んじていることは大変残念である。 (了)

※『向上』(2009年10月号)より転載。

|

« 命と平和の意味(上) | トップページ | 人権なき中国60年を悲しむ »

幸せって何だろう?」カテゴリの記事