« 人権なき中国60年を悲しむ | トップページ | 民意と民主主義(上) »

2009年10月28日 (水)

暴走する中国、迷走する日本

★わずか30年で力をつけてきた中国

 中国は、1979年頃からわずか30年間で力をつけてきました。今でIMFに対しても、自分たちにもっと発言させろ、どうしてIMFの総裁はいつもアメリカ人ばかりなのかとか、アジア開発銀行の総裁はずっと日本人がなっているとか、そういういちゃもんをつけるまでになっています。

From_clipboard 外交の面においても中国は、国際司法裁判所に裁判官を送っているし、国連の常任理事国でもある。あるいは、北朝鮮と日本との関係においても仲介に立って、むしろ自分たちの影響力を伸ばしているような状況です。

また南アジアの各国の港を、軍用としても使えるような配置をどんどん進めていて、マラッカ海峡もいつでも封鎖できるような状況になっています。そのような状況の中で、安全保障ということを考えたときに、日本ほど現在、他国にあらゆる面で頼っている国はありません。その日本は今後、継続的に今のような形で発展するために、本当に資源やマーケットの確保ができているかというと、必ずしもそうなっていないように思います。

★大きな国家ビジョンを持てない日本

一党独裁の中国という国は、いわゆる「透明性」や「説明責任」がまったく必要ありません。指導部が考えて、自分たちがいいと思う方向に命令を出して実行できます。すなわち、国家として大きなビジョンを立て、それを現実化するために、人材の育成から、戦略・戦術を実行していくことができます。

 それに対して、民主主義の日本の場合には、いろんな意見を調整していかなければなりません。しかし、それぞれが右に行く左に行くと言って、結局、真っ直ぐ歩けるようになっていない。まさに「迷走する日本外交」という状況です。

 そのときにカリスマ性のある指導者が存在し、それを支えるような人材がいればいいのですが、現在は民主主義の数ばかり気にして、数を確保するために身近な事だけを一生懸命やっている。長くて4年しか続かない日本の指導者の政治生命を考えると、残念ながら、国家の目標を立てて、大きなビジョンを持って物事を行うということができていないと思います。

※『Weekly Report』(平成21年8月11日付、東京西南ロータリークラブ発行)

|

« 人権なき中国60年を悲しむ | トップページ | 民意と民主主義(上) »

政治批評」カテゴリの記事