« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

雪蓮興亜塾(下)

 自由と平等は双生児のように常に一緒に語られてきた。しかしこの平等もただ単に全てのものが並列、あるいは均等であるということではなく、性別や皮膚の色、身分或いは身体的障害などに対して差別をしたり、様々なチャンスを奪ったりすることは良しとされない。平等だからといって、例えば足の悪い人が一人いるから全員の足を悪くさせるという具合に、権力や力によって押しつけられるものではなく、不利不足のものを補うように思いやり、敬愛の精神のもとに平等が実現されるべきである。

 そのような意味では本来ボランティアも自らの時間や労力、富の一部を自分より恵まれていないものに対して謙虚な気持ちで補う国家や政府の予算を取って行うものでもないと考えている。自分の得ている物質的精神的幸せは何かに依存して生じたものである以上、その一部を還元することが極めて必要である。それは自分の時間やものを捧げるだけではなく、例えば不安そうな人に対して、安心感を得られるように微笑むことなども立派な奉仕であることを忘れてはならない。

 そして、日本の教育が知識の詰め込みに重点が置かれていて、良識を養うような教育が欠如しているため、政治家も、経済人も、一般市民も極めて、我が儘で自己中心的な社会に傾斜しつつある。物事の判断基準として良識に基づく行動を重んじること、現象ばかり追わず、百年先のことや、あらゆる行為の副産物への配慮も必要である。故に、公の幸せを重んずる行動が必要であると強調したい。

 私は基本的に人間のみならず、あらゆる生き物は仏性即ち愛の種を持っているという前提に立っている。人間性善説を採るが故にお互いに敬愛し、信頼しあうべきであり、同時にその関係がいかなる結果を生んだにしても、その責任は自らがとり、常に自分自身を見つめるという習慣を身につけることが大切である。

 そのような意味で、私は「努力」という言葉よりも「精進」という言葉を好んで使っている。私のイメージとして「努力」はがむしゃらに頑張っているだけに見えるのに対し、「精進」は考え反省し、そして向上するというプロセスの中の努力であるように感じる。従って私は、常日頃から学生たちに自助精神を提言している。格言にも「天は自ら助くるものを助く」とあるように、最終的に自分を助けられるのは自分自身の意識である。だがそれは過剰に自己を評価するということではない。

 この世に何一つ単独で成り立つものはなく、あらゆるものは何かと依存して成り立っており、他の協力なしに成し遂げられるものは何もない。しかし自分の方から協力せずに他の協力を頼るばかりでは継続的な協力は得られない。従って互いに協力することによって、個人も社会も国家も共栄して行く。

 そして最後に夢、ビジョンを持たなければ先に進む意欲も目的も失ってしまう。私の弟子たちには大きな志を常に抱いて欲しいと思っている。今の日本の政治家達もこの国家的ビジョンが今ひとつ明確でないように思うので、何よりも新政権はこれから先に対して日本をどうしたいのか、世界がどうあるべきかというグランドビジョンを示してくれるよう望んでいる。  (了)

※『向上』(2011年1月号)より転載。

|

2009年12月26日 (土)

雪蓮興亜塾(上)

 私は大学の専任教員になって来春で二十年になる。お陰様でゼミ生や担当した大学院生も二百名を越え、聴講生は数千人にな上るだろう。歳も五十代後半になり還暦祝いの話なども出始めている。その中で留学生を中心に、大学を卒業した後も私の門下生として自分たちのアイデンティティーを保つため、弟子たちの会を作っては?という話が雑談中に上がった。

118_1  皆で相談した結果、会の名前を「雪蓮興亜塾」にすることにした。中国人留学生が辞書を引いてくれたところ、この「雪蓮花」という花はチベット、ヒマラヤ地域からウィグル中央アジアまで広がって厳しい環境に中に逞しく咲いている花であるらしい。

 実は私の名前の「ペマ」というのもチベット語で「蓮」を意味し、成田山新勝寺の貫首様からいただいた日本名も「照蓮」なので、私の弟子たちの会の名前にしてはとても相応しいと思った。しかし中央アジアにとどまらずアジア全体に貢献できる人材の輩出を願い、そしてアジアの伝統文化の興隆をも祈願し、「興亜」という二文字を加えることによって「雪蓮興亜塾」に落ち着いた。

 次に塾を名乗る以上、私の基本的なものの考え方を少しでも弟子たちが継承し、共有しなければ弟子とはいえないと考え、そのため簡潔に私の考えをまとめることになった。それは以下の通りだ。

──まず何よりも神、大自然を畏れ敬うことが大切であり、どんなに科学や医術が進歩しても私たちの寿命や夢は私たちの願望だけではどうにもならない。世界最強の国家でも地震、洪水などの自然災害には勝てない。従って人間は自らの限界を知り、大自然、神仏に感謝する気持ちを大切にすることが極めて重要であると思う。

 次に自然、国、社会、先祖、親、師の恩をかみしめ、その恩を忘れずに感謝すること。私たちは生まれてきた時からこの世を去るまで結局は誰かの世話になり、また誰かの犠牲の上に成り立っていることを忘れてはならない。その最も具体的なものは、生まれてから愛情を注ぎ、下の世話までしてくれた両親への恩であり、両親に対する親孝行は自分たちの子孫へ継承されるべき基本的行為の一つである。

 次に自由の尊さについて。私の個人的な考えとして、自由とは決して無秩序に我が儘に生きることではなく、自分の考えや行動に対し自らを律しながら他に迷惑を掛けないという原則の上において、言論・思想・信仰・結社の自由を堪能する。その自由は創造性に満ちた建設的なものであって、それに対して国家や権力からの妨害を受けないことである。つまり自由には自立と義務が伴うという考えをしっかり持つべきである。 (続く)

※『向上』(2011年1月号)より転載。

|

2009年12月23日 (水)

薬師寺21世紀まほろば塾 「仙台」 

安田暎胤塾長 対談 ペマ・ギャルポ教授

 現代人の生き方を考える講座「薬師寺21世紀まほろば塾」(法相宗大本山薬師寺、読売新聞社主催)の仙台塾が11月22日、仙台市青葉区の市青年文化センターで開かれた。8月に就任した山田法胤(ほういん)・薬師寺管主の法話の後、末期がん患者を専門に往診する医師の岡部健さんが、「生きて行く事、死んで行く事−緩和ケアの立場から」と題して講演し、人の死と向き合うことの大切さを訴えた。塾長の安田暎胤(えいいん)・同寺長老は、チベット出身で桐蔭横浜大教授のペマ・ギャルポさんを招いて「おかげさまの心」をテーマに対談し、約300人が聞き入った。

世界に誇れる「おかげさま」

幸せへつながる言葉 戦後復興支えた精神

 安田 ペマ・ギャルポさんには、今の日本人が日常気づかない日本の良さを指摘してほしいと思います。その前に自身の生い立ちを聞かせてください。

 ギャルポ 5、6歳の頃までは何不自由ない暮らしでしたが、ある日突然、難民になり、同胞200人とチベットを出ました。途中で同胞が死んだりはぐれたりして、インドに着いたのは20人ほどでしたが、私はその後、難民キャンプの学校で英語を学び、1965年に来日しました。すべてが無常だ、と身をもって体験した56年です。チベットで生を受け、インドで救われ、日本で育まれ、多くの人のおかげで、今を生きています。

Img039

 安田 日本語を勉強する中で、出会ったのが「おかげさま」の心ですね。

 ギャルポ 来日当時、日本人は「お元気ですか」「商売はどうです」と尋ねられると、「おかげさまで」とあいさつしていました。相手に感謝し、助け合う気持ちが日本を敗戦から立ち直らせ、世界に貢献できる経済大国に発展させた理由だと思います。「おかげさま」は、世界に発信できる一番大事な言葉です。

 安田 世界一の長寿国になってもまだ、多くの人が幸せを探しあぐねている。今日、この場でみなさんにお会いできるのも、元気だから来られたのです。「おかげさま」と考えることが幸せにつながるのではないでしょうか。

 ギャルポ 70〜80年代の日本人は謙虚で、権利を要求するよりも、国民としての義務を果たしていた。貧富の差も小さく、みんなが中流と思える社会でした。それを支えたのが「おかげさま」ですね。

 安田 ギャルポさんは、ほかにも日本の良い点を発見されていますね。

Img040

 ギャルポ 年功序列や企業の終身雇用はいい文化です。日本の社会には年長者を尊敬する気持ちがあった。会社と社員は運命共同体で、会社は社員教育を充実させ、それが会社のためになった。しかし、90年頃から公共心や秩序などを自ら壊し始めました。「他人に迷惑をかけない」という言葉を大事にしてほしい。

 安田 早めに軌道修正が必要ですね。4年前、イランを訪れた時、イスラム教の「諸悪の根源は自己中心的欲望にある」との教えに、仏教との共通性を感じました。世界の宗教者と平和について意見を交わすと、素直に話せば、理解し合えることが多い。

 ギャルポ (テーブルの花を指さし)この花たちも、いろいろな品種があって美しい。それぞれの民族の価値観や文化、それを伝える言葉を維持していくことが重要です。

 安田 私は野球が好きで、東北楽天と巨人を応援していますが、日本の選手がヒーローインタビューで「自分一人の力ではない。応援してくれるファンや指導者のおかげだ」と答えるのが素晴らしい。自分の努力は必要だが、周囲に感謝する謙虚さの中に、美しい人柄が出る。これからも日本人が互いに努力し、素晴らしい文化を取り戻すことを願っています。

 ギャルポ 来日したばかりの頃、風邪で学校を休むと、同級生の母親が卵酒を持ってきてくれました。しかし、最近は、他人への関心が薄れ、隣の部屋の住人が死んでいても気づかなくなっている。自分の周りに、社会に、もっと関心を持ってほしいですね。

 

※『読売新聞社』(読売新聞/夕刊 2009年12月10日付より転載)

|

新政権3カ月に懸念する点

日本はどこに行くのか

目立つ素人的ポピュリズム

 9月新政権が誕生してそろそろ3カ月が経過する。3カ月で新政権を批評するのは少し早とちりかもしれないが、不安な要素があちらこちらで出ているので心配になってきたのも事実である。

 第一に、国家の安全保障に関して外国では日本がどこへ行こうとしているのか、新政権は日本をどのような方向に導こうとしているのか、とまどっている様子が在日外交官筋からも耳に入ってくる。戦後半世紀以上にわたって培ってきたアメリカとの信頼関係においても、微妙な不信感を抱かせるような発言が首相や外務大臣の口から意図的か不本意か定かでないが出始めている。

 東アジア共同体なるものを構築しアメリカをそこから排除するというような発言に対し、どれだけの覚悟と策があるのか知らないが、極めて浅はかであるように思う。私は決して日本がアメリカの属国のように追随することは良いことだとは思わないが、アメリカを刺激するにはそれだけの覚悟と準備が必要であるように思うし、まして今までアメリカに安全保障を依存し、日本は経済成長に専念できたことだけでなく、中国や旧ソ連などの侵略を受けずに済んだのもアメリカとの同盟の抑止力があったためではないかと思う。その関係にひびが入ったり隙間ができることは日本にとって無益であると言わざるを得ない。在日アメリカ軍普天間基地の間題で嘉手納に統合する話など政府首脳の発言は素人的で、一国の安全保障を預かっている責任ある政治家の発言には見えない。地政学的、軍事的戦略に根ざした軍備及び基地の配置というのがあるべきではないか。

 次に日本は今、時代錯誤的にもう一度廃藩置県にさかのぼるような地方分権、地方主権なるものをぶち上げ、その上、外国人に地方参政権を与えるという動きは極めて無防備で、国家分裂の種を蒔いているような行為であって、このまま進めばやがて日本も現在の中東やアフリカのように民族間題を抱え、分離独立の闘争が始まるのもそう遠くないと思う。

 日本人はたかが数十万、多くとも数百万人の外国人に地方参政権を与えたからといって世の中は変わらないと思うかもしれないが、民主主義制度の中では少数がキャスティングボートを握り、時代の流れを変えることもある。現在、国民新党と社民党、特に国民新党の亀井静香大臣の「建設的な」目立った行為を見ても分かるが、これが逆の場合もあり得る。それらの外国人が忠誠心を他に対して抱き、命令一つで動くようなことも予測できる。

 ほぼ出来上がっているダム建設などの廃止や予算の見直し劇の動きなどを見ても、先の外交防衛問題と合わせて民主的な政権交代というよりもクーデターのような政変を演じており、民主主義の制度や文化を無視した感じを与える。民主党政権はマニフェストという餌で票を釣り、今ではそのマニフェストに自らがんじがらめになっている。子供の手当も含めて、今でも選挙戦の延長線でマスコミ受け、世論受けのポピュリズムに徹しており、景気回復などを目指した失業対策などもその類に過ぎないように思う。

 この他にも政権の財政問題などを見ても不安な材料が多-,この先にあるのが大幅な増税であるが、これ以上現段階においての酷評はここまでとする。何故ならば本来であれば政権奪回を目指し真正面から健全な野党として奮闘すべき自民党にも大した期待はできそうもない。内部対立が表面化するような党内実力者たちの言動を見る限り、自民党は何も反省していない。自民党の中には結党の精神を無視し、伝統文化を軽視しているにも拘わらず、保守本流であるとか自分こそ改革者というようにマスコミに迎合し、そのマスコミが太鼓を叩くと夢中になって踊っているような連中と、苦労を知らない温室育ちの政治家だけが残っているからである。

 経験豊かで信念を持った政治家たちは郵政問題を口実に党内から追い出されたのである。自民党再生のためには過去の過ちを謙虚に反省し、平沼赴夫、綿貫民輔、野呂田芳成他の諸氏ら失われた人材を取り戻すことが党の基盤を再構築する原点になるであろう。何故ならば日本人は本来義理と人情を重んじる民族であるので、自民党は単なる常利集団ではなく義理人情によって長年お互いに支え続けてきた人間関係が重要であるはずである。

 しかし現段階においては民主党も自民党もそれぞれの党は何を目指し、何をしようとしているのか、この国をどうしたいのか、日本はアジアの中、世界の中どのような位置づけをしたいのかという基本的なビジョンに欠けているように思う。今の与野党にお願いしたいことは日本国民に対し、先が見えるような政治指導を発揮して欲しいということであり、アジアの国々や世界からも日本という国は何をしようとしているのか分かるようになれば国民も我慢と努力のしようがあるだろうし、世界も日本とどのように対応すべきかという先が見えるはずである。

※『世界日報』(2009年12月2日付より転載)

|

2009年12月 1日 (火)

生と死 ─ 中川昭一先生を偲ぶ ─ (下)

 私はここで中川昭一先生と表記しているのは、ただ単に国会議員であるからというよりも、私より少し年下であっても極めて存在感が大きく、政治家らしさを醸しだす雰囲気を持っていたからである。

 以前、ご縁があって国民新党から参院選に立候補したとき、それまでお世話になった自民党の方々や平沼赳夫先生ほか皆様にご挨拶に伺った。その時、中川先生は「なんで自民党じゃないの?」と言って、すぐ「まあ亀井静香先生も我々の仲間だし、目的も考え方も同じだから、頑張って下さい」と理解と励ましを下さった。

 参議院選の投票日前日の土曜日、有楽町マリオン前で自民党と国民新党の宣伝カーがかち合い、双方がボリュームを上げるような事態になった。中川先生は自民党の宣伝カーで高見候補を応援する演説を行い、こちらは亀井静香代表代行を始め、総勢で国民新党をアピールしていた。そして司会の糸川代議士から私に、大きい声で「長く話せ」という候補者としてはありがたい機会を得た。私はマイクを取り、「今日は私が尊敬する中川先生も向こう側におられます。中川先生ごめんなさい」と言ってから小泉内閣を厳しく批判した。会場の人数は郵政関係者の働きもありこちらが有利で、拍手も声援も国民新党の方が圧倒的であったが、結果は予想をはるかに下回る得票数で私は落選した。高見候補も当選していれば大臣間違いなしの風評の中、落選した。私はその日のうちに数寄屋橋交差点で高見候補と握手をしたが、選挙戦とは言え高見候補のにこやかな表情には救われた。中川先生には、後日お目に掛かった。正直に言って私は選挙戦で無我夢中であったとは言えあの時の態度を気にしていたのだが、先生はさすがに何事もなかったかのように自然体で接して下さった。

 中川昭一先生の葬儀には、歴代の総理、先生と親子二代に亙って親交のあった平沼赳夫先生、島村宜伸先生、中山正暉元代議士とそのご子息、共産党を含む各政党の幹部ほか、報道機関の発表では三千とも五千とも言われる弔問客が駆けつけていた。

 安倍晋三元首相を始め、谷垣禎一自民党総裁、伊藤文明元幹事長、先生の愛妻がそれぞれ追悼の言葉を述べられ、中川先生の業績を讃えるとともに政治家としての勇気と行動力、そして何よりも真の人道主義者であり、憂国の士であって、この国を誰よりも心配していたことを思い出させた。

 平成十五年、私は拙著の『悪の戦争論』を中川先生に献上し、ネパールの例などを挙げて水の問題について切実に訴えたことがある。葬儀当日の奥様のご挨拶の中で、その後の先生の著作などで水の問題に真剣に取り組んでおられたことが明らかにされた。私はとても嬉しかった。

 だが、もうその中川先生はいない。私の前に座っておられた安倍晋三先生は涙ぐんでいた。私も涙が止まらなかった。国が衰退する時、国に必要な人々も神に召されてしまうと聞く。まさに日本が一番必要とするときに、中川先生はこの世を突然去ってしまった。私はなんと不運なのかと思った。

 人間生きている時に出来ること、やれることがどんなに大切かを教えられた気がする。そして非仏教的ではあるが、中川先生には天国からこの国と世界を守り、導いてほしいという気持ちである。しかし仏教徒としては極楽浄土へ浄土して頂き苦しみとその原因に満ちたこの世とは離れて頂きたいとも思う。

 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 (了)

※  『向上』(2009年12月号より転載)

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »