« 雪蓮興亜塾(上) | トップページ | 天皇陛下の政治利用に怒る »

2009年12月27日 (日)

雪蓮興亜塾(下)

 自由と平等は双生児のように常に一緒に語られてきた。しかしこの平等もただ単に全てのものが並列、あるいは均等であるということではなく、性別や皮膚の色、身分或いは身体的障害などに対して差別をしたり、様々なチャンスを奪ったりすることは良しとされない。平等だからといって、例えば足の悪い人が一人いるから全員の足を悪くさせるという具合に、権力や力によって押しつけられるものではなく、不利不足のものを補うように思いやり、敬愛の精神のもとに平等が実現されるべきである。

 そのような意味では本来ボランティアも自らの時間や労力、富の一部を自分より恵まれていないものに対して謙虚な気持ちで補う国家や政府の予算を取って行うものでもないと考えている。自分の得ている物質的精神的幸せは何かに依存して生じたものである以上、その一部を還元することが極めて必要である。それは自分の時間やものを捧げるだけではなく、例えば不安そうな人に対して、安心感を得られるように微笑むことなども立派な奉仕であることを忘れてはならない。

 そして、日本の教育が知識の詰め込みに重点が置かれていて、良識を養うような教育が欠如しているため、政治家も、経済人も、一般市民も極めて、我が儘で自己中心的な社会に傾斜しつつある。物事の判断基準として良識に基づく行動を重んじること、現象ばかり追わず、百年先のことや、あらゆる行為の副産物への配慮も必要である。故に、公の幸せを重んずる行動が必要であると強調したい。

 私は基本的に人間のみならず、あらゆる生き物は仏性即ち愛の種を持っているという前提に立っている。人間性善説を採るが故にお互いに敬愛し、信頼しあうべきであり、同時にその関係がいかなる結果を生んだにしても、その責任は自らがとり、常に自分自身を見つめるという習慣を身につけることが大切である。

 そのような意味で、私は「努力」という言葉よりも「精進」という言葉を好んで使っている。私のイメージとして「努力」はがむしゃらに頑張っているだけに見えるのに対し、「精進」は考え反省し、そして向上するというプロセスの中の努力であるように感じる。従って私は、常日頃から学生たちに自助精神を提言している。格言にも「天は自ら助くるものを助く」とあるように、最終的に自分を助けられるのは自分自身の意識である。だがそれは過剰に自己を評価するということではない。

 この世に何一つ単独で成り立つものはなく、あらゆるものは何かと依存して成り立っており、他の協力なしに成し遂げられるものは何もない。しかし自分の方から協力せずに他の協力を頼るばかりでは継続的な協力は得られない。従って互いに協力することによって、個人も社会も国家も共栄して行く。

 そして最後に夢、ビジョンを持たなければ先に進む意欲も目的も失ってしまう。私の弟子たちには大きな志を常に抱いて欲しいと思っている。今の日本の政治家達もこの国家的ビジョンが今ひとつ明確でないように思うので、何よりも新政権はこれから先に対して日本をどうしたいのか、世界がどうあるべきかというグランドビジョンを示してくれるよう望んでいる。  (了)

※『向上』(2011年1月号)より転載。

|

« 雪蓮興亜塾(上) | トップページ | 天皇陛下の政治利用に怒る »

幸せって何だろう?」カテゴリの記事