« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

場に慣れる(下)

 日本では季節ごとに多くの人がデパートやファッション雑誌などに誘導され、新しいファッションを追いかけて、新しい服を着る。また最近は不況のせいで少しは変わったものの、学生を含む多くの人々が美味しいものを食べ、パーティなどではたくさんの料理を食べ残しているのを見る。幼い時、正月にしか大量の食料が用意されなかったことを思い出しながら、日本人は年中正月のようだなと思い、その恵まれた環境を嬉しく感じたりもする。

 その日本が羨ましいと思う一方、逆に日本の方々は自分たちが恵まれていることを本当に気づいて感謝しているのだろうかと疑問に思うこともある。このようなことがいつまで続くのであろうかという不安を抱いてしまう。それと同時に日本では、昔のような家長や種族、一族の長を中心とした社会が壊れてきており、そのために縦軸のようなものが失われ、横の関係も緩んできて、少し秩序のない社会になってきているようにも思ったりする。

 日本の皆様はカラオケなどで充分に場慣れしているからかもしれないが、マイクを取って歌を始めると、誰でもプロ並みの才能を発揮する。しかし、若者たちに何かまとまったことを話してもらったり、きとんとした挨拶をしてもらおうとすると、硬直してがちがちになってしまう場面に出くわすことが多い。

 今の日本の社会は、祖父母の役割、父母の役割、先生の役割、社長の役割など、その場その場で本来いくつかの役割と責任を果たさなければならないのに、その場に慣れることが出来ず、結果として社会が不具合になり、色々な摩擦が生じているのではないだろうか。そして自分の責任を他人に押しつけているのではないだろうか。そして自分の責任を他人に押しつけているのではないだろうか。

 マスコミは、政府や政治家が悪いと言い、政治家は官僚が悪いと言い、社会は教育や学校が悪いと言い、学校は親が当たり前の躾をしてないと嘆いている。私は、それぞれが他人の領域に干渉するだけではなく、もう少し自分自身の役割、つまり場を大切にしなければならないと思う。

 私たちは本来自分よりも優れた人を見て、その人の生き方や考え方を真似し、色々な場において自らをそこに当てはめるように努力して自分を磨いてきたのではないだろうか。

 私はスポーツ音痴だがあらゆるスポーツにはポジション(場)というものがあり、それをきちんと意識し守っているように、二〇一〇年は私たち皆がそれぞれの様々な状況・環境における場をしっかり認識し、守ることが大切ではないかと思う。また若者にもそのような場に慣れるための様々なシミュレーションやイメージトレーニングをさせるべきだと考える。 (了)

※『向上』(2010年2月号)より転載。

|

2010年1月28日 (木)

場に慣れる(上)

  この文章を手にする皆様は、正月準備で多忙な方が多いであろうが、世界の正月はまちまちで、チベット、モンゴル、ブータンなどチベット文化圏には、独自の暦がある。

168_3  西暦の正月あるいは中国などの旧正月とも異なり、その年その年の縁起の悪い月や日がカットされ、また逆に良い日が加算されるため、一年が一カ月増えたり減ったりする。そのため、大体西暦の一月後半から三月前後で三日から五日くらいの正月を迎える。

 昔は正月と共に一歳年を増やしていたので、正月は皆の誕生日でもあった。また正月の一日目は各家庭で過ごし、家族の長老をはじめ家族内の序列が確認され、下の子どもたちから長老、家長、次期家長の順に挨拶をする。二日目は同様に親戚の者が本家への挨拶をし、親戚内の人間関係が確認される。三日目は村や町の人々が土地の神様への感謝を表すため、近くの聖なる丘や山へ出向き、護摩を焚いて神々に感謝すると共に、酒を酌み交わし、博打を打ち、場合によってはテントを張って一晩か二晩踊り、騒ぎ楽しむ。

 この場合でも、午前中は社会の序列や秩序を厳格に守るが、一旦酒と共に宴会が始まると無礼講となり、皆が子どものように騒ぎ、楽しむ。

 物心ついた頃の私にとって、この正月の三日間は、緊張の日々であると共に少し自分が偉く感じた日々でもあった。祖国を離れる前に経験した二回ほどの正月は、祖父が既に他界していたため、父親の次の跡継ぎとして席順が二位であり、母親や兄弟からも礼を尽くされた。もっともらしく毅然として座り、家族、親族、土地の人々から挨拶を受けるのが、大変気分の良いものだった。それに丁寧に答えるという緊張感もあった。やがて飽きて退屈になり気が緩むと、爺やに叱られたり褒められたりしたが、その時耳元で囁かれたのは「あなたはギャリ家の跡継ぎだから、こういうことに慣れないとその役目を果たせないぞ」という脅かしだった。

 それから二十年くらい経って、私がダライ・ラマ法王の代表になったとき、私に親切にしてくれた日本の恩人が、私を一週間ホテルニューオータニに宿泊させてくださった。その時、恩人は「君は法王の代表として色々な場に慣れなければならない」と話してくださった。しかし私は、もしかしたら私を試しているのではないかと思い、一週間ほとんど決まったレストランで決まった定職を食べて、出来るだけお金を無駄にせず、ただひたすら建物の中をうろうろと見回って歩き、売店で本を立ち読みしたり、ラウンジで何時間も粘ってみたりして過ごした。

 数日後、その方のところにご挨拶に伺ったところ、恩人はホテルからの請求書を前に、がっかりしたような表情をして、「僕は君に、法王の代表として充分に振る舞えるよう場慣れして欲しくてせっかく機会を作ったのに、これでは台なしではないか。君は節約したつもりかもしれないが、逆にこれは無駄になってしまった」と言われた。最後に「まあいずれまたもう一回ちゃんと勉強する機会を作るから」と言われたが、残念ながら同じような形でのチャンスは二度となかった。しかしご自分と一緒に色々な要人との会食に、特に日本駐在の大使との会食や懇談の時には同席させて下さり、その後の私の人生にとって大変プラスになった。 (続く)

※『向上』(2010年2月号)より転載。

|

2010年1月13日 (水)

天皇陛下の政治利用に怒る

中国は日本の宗主国か
序列6位の習氏に会見圧力

 旧臘(きゅうろう)、日本も中国の宗主権下に入ってしまったのか、と一瞬思わせるような小沢一郎氏が率いる630名からなる大名行列の朝貢訪問を見て思ってしまった。小沢民主党幹事長は本業である国会での議論を12月4日までに短縮させ、130人の国会議員を同行させて中国へ行き胡錦濤国家主席の前で日本国内では見られない、ふにゃふにゃニコニコした顔を見せていた。

 また、日本国内の問題であるはずの参議院選にまで言及し、自分を人民解放軍の現地司令官に例えて正に中国共産党の支配下にある人民解放軍の一部でもあるかのような表現を軽々しくしていた。次の選挙に勝たなければという国会議員1人1人がまるで高徳の、御利益をもたらす高僧と会ったような顔をして一人一人が胡錦濤氏と握手し記念撮影を撮る中、せこくて我の強い議員は恥ずかし気もなく右手で握手をしている胡氏の左側に廻って再び写真とテレビ画像に入り込もうとして、関係者から野良犬を追い払うような仕草で追い出されていた。

 このような方々は日本国民であること、日本国民によって選ばれたことを忘れ、まるで宗主国の皇帝に拝謁するような言動に異常性を感じない人は逆におかしいのではないかと私は思った。

 また帰国後、宮内庁長官のクビを要求する小沢氏はおだやかな神様が憤怒尊に変身したように見えたが、勿論愛に満ちた憤怒ではなく、自分に楯突く奴は許さんという権力に酔ってしまった独裁者の顔そのものであった。小沢氏は天皇陛下の政治利用に対して質問した記者に向かって君は憲法を読んだことがあるのかと逆切れしたり、宮内庁長官にはそんなに反対だったら職を辞してから発言すべきだと言って、目下を叱るような口調で暴言した。その一方、今回の中国国家副主席習近平氏の天皇陛下への拝謁(新聞では会見となっているが)について「30日ルールって誰が作ったの? 知らないんだろ、君は。法律で決まっているわけでも何でも無いでしょ、んなもの。君は日本国憲法を読んでるかね。ふん、天皇の行為はなんて書いてある?」と言って怒りを露わにし、自分は関与していないと強く否定していたが、その言葉とは裏腹に態度や雰囲気からはまさに私がやった、私がやってどこが悪い、今この国で私が一番偉いと言っているような感じさえ受けた。

 私は小沢氏こそ憲法と日本国の歴史を読み直した方が良いのではないかと正直に思った。何故ならば天皇陛下は日本国民の総意に基づいて象徴となられ、国家国民の最高の権威であって政党政治や私利私欲を超越したところにある存在である。また日本は2000年以上の歴史を持ち、皇統は125代続いている歴史と伝統に基づくものであり、この慣習慣例は成文化した法律に近い効力をもって人々の言動を左右する計り知れない力を持っているはずである。

 日本では習副主席を勝手にナンバー2と決めつけたり、次期主席として勝手に辞令を出しているが、現在の中華人民共和国の権力の序列においてはあくまでも第6位であって陰の実力者などを入れればその第6位以下にもなる。しかも副主席イコール次の主席というのも全くの不確実なものであり、その良い例が彼の前任者であり、今はこれという中枢の地位にいないことからもわかる。勿論ナンバー2になって、その後、逆に失脚した人の例もいくつかあることも忘れてはならない。現在中国国内においては習副主席のライバルも当然存在するので正に天皇陛下を中国の国内の政治闘争の泥沼に巻き込ませる政治的悪利用に他ならない事件であった。

 マスコミなどに出ている事実関係を総合的に分析し判断するしかないが、中国側は自民党出身の元首相経由で謁見を試み、また鳩山氏も一度は宮内庁に打診したものの諦め、日本国外務省も外交的手順に従って正式に今回の謁見は難しいというように伝えたにも拘わらず、それを180度ひっくり返させられたことや、小沢氏訪中の時期ならびに天皇陛下の韓国訪問を計画していることなど総合的に見ると、小沢・鳩山コンビは天皇陛下を最も効果的に活用するための政治の道具としか考えていないように思うのは私だけだろうか。

 小沢氏の暴走と鳩山首相の迷走を食い止めるためには、次の参議院選でそのような結果を出して、権力に酔いしれている小沢氏を正気に戻させるしかないと思う。あくまでも民主主義国家日本においてはその主権は国民の手にあって、その国民の総意に基づいた天皇陛下は最高の権威であり、その権威を政治的利害で濫用すること、また侮辱することは国民そのものを愚弄することにつながることを意識して選挙にかかるべきものと考えるからだ。

 中国は自ら建国60周年祝賀行事を大々的に開催したばかりで、今や膨張の過程にあり一部の日本人が言うような4000年の歴史や輝かしい伝統など継承しているどころか、常に領土拡張、覇権ばかりを目指している国であることはチベットや周辺諸国を見てもわかるはずである。日本が同じ運命に遭わないことを心から祈っている。

※『世界日報』(2010年1月6日付)より転載

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »