« 日本再起への祈願(上) | トップページ | 国家軽視で国運傾いた日本 »

2010年2月23日 (火)

日本再起への祈願(下)

 今、日本では、政治家が立法府や行政府の役割を越えて司法のあり方にまで口出しをし、健全な民主主義のための三権分立の原則を踏みにじるような行為が目立っている。行政のトップが検察と戦うという言葉を使用し、国会議員が特定の政治家擁護のため国会内で検察の活動を妨げ、干渉する姿勢を見せている。かつては政治資金の不正行為追及の先頭に立ち正論を吐いていたマスコミが新政権の提灯持ちのようになり、政治家への当局による調査を権力の濫用であると決めつけるなど、かつての態度を百八十度変えている。厚顔さにも驚くばかりである。

 また以前は、自民党の族議員を育ててフルに活用していた各方面の業界や団体の変身ぶりも気になる。

 常に時の権への追従と利益だけで行動するような政治姿勢が大勢を占めるようでは、二大政党は夢のまた夢で、政策や信念のみならず、日本が何千年来誇りにしてきた義理人情さえも消えつつあるように思い、寂しくなる。

 以上が今の心境であるが、しかし私はまだ日本に期待したい。

 特に、中国が日本を抜いてGDPにおいて世界第二位になるとか、何年後にインドが追い越すなどと、当たり前のように交わされる会話や、「なぜ日本が科学の面において世界一になる必要があるのか、第二位ではだめなのか」という国会議員の質問を聞くと、私個人は情けなく思う。

 一九六五年、私が来日した頃の日本はオリンピックで大きな自信を得て、あらゆる面において日本が世界一になること、日本人自ら義理と人情と恥の文化を誇りにしていた。現に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という本が出るまでは、日本人はあらゆる面において向上心、公共心をバネとして前向きな姿勢で生きていた。

 ところが、この本が出た後はその繁栄が永遠に続くものと勘違いをし、日本の学校や公共の場から「努力」とか「忍耐」などという標語が消え、代わりに「ゆとり」とか「個性」「自由」がもてはやされるようになったのである。

 戦後廃墟と化したところから国を世界最高レベルにまで押し上げてきた先輩たちに対する感謝の気持ちとその精神をもう一度取り戻し、国家と国民が明確な目標を持つことだ。

 世界第二位に満足して第三、第四への転落を待つのではなく、第一位を目指せる潜在的力、つまり高度な精神文化を、日本は持っていると確信している。

 もう一度日本国民が自分自身を信じ、国を信じ、ご先祖に感謝し、環境に恵まれた素晴らしい日本国を世界一豊かで安全で安心して暮らせる理想郷として具現化することを祈願したい。

 この連載をご愛読くださった『向上』読者の皆様に心から感謝を申し上げ、皆様のご多幸を祈願するしだいである。 (了)

※『向上』(2010年3月号)より転載。

|

« 日本再起への祈願(上) | トップページ | 国家軽視で国運傾いた日本 »

幸せって何だろう?」カテゴリの記事