« 中国のアジア支配を許すな! 対談 石平 VS ペマ・ギャルポ (下) | トップページ | アジアのリーダーは誰か? »

2010年5月11日 (火)

深刻な日本の政治人材不足

鳩山首相だけ責めるな

国益懸け汗かく裏方が必要

 普天間問題に関して果たして鳩山首相だけを責めて済むものだろうか。私は今となっては日米間の国際問題になっており、同盟関係そのものに影響を及ぼす危 険性をはらんできたように思う。日米両国のみならずアジア各国をはじめ、世界中がこの行方に大きな関心を抱き始めている。確かに当初鳩山首相をはじめ民主 党の政治家たちは選挙がらみで沖縄県民の感情を配慮した発言から始まり、それにマスコミと平和主義者などが便乗し、問題は大きくなってしまった。普天間問 題に関しては、沖縄県民の感情は勿論のこと軍事的な戦略上における地政学的な条件、そして常に隙を窺う中国をはじめとする大国の覇権主義なども考慮し、日 本国ならびにアジアの安全保障を無視して考えることは不可能である。

 それだけにこの複雑な問題の解決には政治力、外交力が必要とされている。この問題に限って言えば、もはや党利党略の次元を越え、また一首相や一内閣の政 治生命を越える問題になってきていることを日本国民全体が真剣に受け止めるべきである。ゆえに鳩山首相の指導力に問題がないとは言えないが、私は与野党の 政治家のみならず政治家たちの人材不足を感じている。つまり国益を優先して行動する政治家が少ないということである。

 私は十代で日本に入って以来、20歳未満で難民として大学の勉強を継続するため自分の身分の安全のため、日本の政治家たちに陳情して走り回り、岸信介 氏、灘尾弘吉氏、坂田道太氏、船田中氏など歴史上に名を残した多くの日本の政治家に直接お目に掛かる機会を得た。勿論自民党だけではなく、春日一幸氏はじ め野党のリーダーたちにも面会した。この方々には政治家としてのオーラのようなものがあり、ある種の尊厳と自信を兼ね備えていたように思う。それと同時に 彼らは日本の国家の利益に関しては切磋琢磨しながらもどこかで互いにつながりを持ち、阿吽の呼吸で対米、対ソ、対中の外交を巧みに操っていた。そして彼ら を支える参謀格に徹していた「有能な政治家、学者、外交官、経済人」などが忍者のように動いていた。

 ニクソンがベトナム和平や対中関係でキッシンジャーを動かしていたように、佐藤栄作氏も数多くの忍者を使って沖縄返還のみならずご自分のノーベル平和賞 まで手にした。田中角栄氏、福田赳夫氏、大平正芳氏も同じ手法を使った。マスコミ関係者もある時はブレインとして、またある時は忍者としてフルに活用し た。しかし福田赳夫氏、大平正芳氏あたりから、松野頼三氏、園田直氏などが忍者から野心家として表に現れるようになった。

 そしてその後の政治家たちは徐々に尊敬できる先輩あるいはメンターにも恵まれず、またこの人のためならと慕って命を賭けてくれる同僚、後輩にも徐々に恵 まれなくなった。現在の政治家たちは誠心誠意で政策を勉強し、精一杯選挙民にサービスし、受けようとする努力は認められても、かつての政治家たちのような エネルギーや存在感に欠けているように思う。その一番の理由は恐らく社会正義を行うための憤怒尊が如き怒りと政治に対する信念に基づく覚悟がなく、ただ職 業政治家になっているせいではないか。

 今、日本の政界に必要なのは首相や総裁などを支えることに徹し、大きな夢に向かって犠牲的精神を兼ね備えた人物の存在である。総理大臣あるいは総裁が軽 々しく見えるのはその言葉の裏付けとしての根回しが充分にされていないところにあるように思う。徳之島の3人の町長の発言を見ても彼らは自分たちに何の相 談もなく勝手にものを決めたり、あるいは官房長官という肩書きを背景に、電話一本でアポイントを取ろうとするような姿勢に対しても不満があるように見受け られた。アメリカの関係者の談話などを見ても日本から事前に根回しや働き掛けが欠けていることを痛感する。

 核サミットでも中国、インド、マレーシアやヨルダンの国王などと個別会談を行ったオバマ大統領から個別会談のリストから外された日本国首相に対する行為 は同盟国としても容認できない行為であり、これは日本国に対するアメリカの強い政治的メッセージであると同時に、それを他人事のようにしか見ていない日本 の政治家やメディアの常識も疑いたくなる。このような状況の中、日本では雨後の筍のように新しい政党が結成されているが、私は幕末のように今こそ日本が一 丸となってこの危機に対し、日本人として日本国として行動しなければならないのではないかと痛感する。

 同時にマスコミから敬老クラブなどと言われている「たちあがれ日本」の平沼赳夫氏ほかの方々が、多少なりともかつて日本国を敗戦の廃墟から蘇らせた政治 の血脈を受け継いでいるゆえ耳を貸す価値があると期待している。政治は決して全てが透明の原則で行えるものではなく、裏方が存在し根回しなしに成功するも のではないことを鳩山首相はじめ、首相を目指す人たちに申し上げたい。

※『世界日報』(2010年5月4日付より転載)

|

« 中国のアジア支配を許すな! 対談 石平 VS ペマ・ギャルポ (下) | トップページ | アジアのリーダーは誰か? »

政治批評」カテゴリの記事