« アジアの中の日本、その役割と展望 (3)   | トップページ | 民主党は国益を最優先せよ »

2010年8月26日 (木)

アジアの中の日本、その役割と展望 (4) 


アジアの日本への期待

 私はハンカチのように総理大匝を変えることはあまりいいことだと思いません。日本のマスコミも世論も、誰が働くにしてもやはり多少時間がかかります。やっと役所の人たちの名前を覚えたぐらいのときに命令を出すべき人たちが命令を出せなかったら何もならないと思います。

 まだ私たちに地球政府は出来ていません。国連は決して地球政府ではない。まだ国家単位で私たちの幸せも命も左右されるんです。その中において、国民は国民という意識、国家は国家という意識、そして政治家の最大の仕事は国益を守り、促進することであるという前提で、人気投粟だけではなく、誰が仕事をするのか見極め、国民は選挙で投票しなければならないと思います。今のようにマスコミがセンセーショナルに書いたり一時的に新聞が部数を増やしたり減らしたりするようなことだけで国益を左右するような、それに乗っていくような国民では非常に残念だと思います。

 今日の繁栄があるのは、今までの先輩たちのおかげだと思っています。その先輩たちが安心して老後を暮らせるような社会、そして私たちの子孫の人たちが未来に希望を持てるような社会をつくることが政治家の任務だと思います。それは経済人の任務でもあると思います。

 いまアジアには日本に対する期待があります。それは今回、鳩山内閣とアメリカの間でちょっとギクシャクしたとき、私が会ったアジアの人たちがどれだけ関心を持ち、心配したかということからみても十分に理解できます。まだまだ日本に対する期待もあるし、日本自身、潜在的能力があると思います。その日本が自ら自分のいいところを率先して破壊するようなことは止めることが大事ではないかと思います。

※『いわて経済同友』(通巻555号)より転載。いわて経済同友会第444回例会(平成22年7月12日)での講演録

|

« アジアの中の日本、その役割と展望 (3)   | トップページ | 民主党は国益を最優先せよ »

日本論」カテゴリの記事