« 重要性を増す『日印グローバルパートナーシップ』 | トップページ | チリ救出劇に学ぶ国歌の力 »

2010年10月17日 (日)

ガート・ヨハネス・グロブラー南アフリカ共和国駐日特命全権大使 〔第1回〕


「日本は戦略的に非常に重要なパートナーです」

ペマ・ギャルポ(以下、P) 今日まずお伺いしたいと思ったのは、おそらくいろんな方が大使をインタビューして、いろんなところに出ていると思いますけれど、読者の皆さんは、大使閣下は一体どんな方かと言うことに非常に興味があると思いますので、ご自身の今までの経歴やバックグラウンド、日本に来るまでのご経験などを簡単にご説明いただければと思います。

大使 まずは私のインタビューをしていただくことをうれしくまた名誉に思います。私は大使といたしましては実はアジアは初めてでございまして、今までヨーロッパ、アメリカ諸国を歴任してまいりました。たとえばヨーロッパでしたら、ドイツであったりイギリスであったり、スペインであったり、そしてアメリカにまいりました。また南アフリカの外交官として、アンゴラ、ルワンダに初めての事務所を開設いたしました。ということで、私といたしましては、日本に赴任するということを聞かされました時には本当に驚きました。それで日本に来る直前のポストといたしましては、外務省でヨーロッパ、アメリカの総局長をしておりました。

P  実際日本に来られて、恐らくこれもまた日本的な質問だと思いますが、このお仕事をされて今までの経験を踏まえて、日本でのお仕事をどういう風に受けとめられているのか、また日本人について、日本の印象などについて簡単にご意見を下さい。

大使 先ほども申し上げましたが、日本に赴任できたということを非常にうれしく名誉に思っております。と申しますのは第一に日本は南アフリカにとって戦略的に非常に重要なパートナーということです。また日本と南アフリカ2国間の協調関係というのは非常に良いものがあります。続いて申し上げますと2008年度は日本は南アフリカにとって第一位の貿易相手国でありました。ただ私が確信しておりますのが、経済が回復いたしましたら、また私どもへの日本からの投資、貿易が増えるのではないかと確信しております。残念ながら2008年度以降は世界的金融危機によって、日本が第一貿易相手国ではなくなってしまったのですが、それも回復すれば日本からの投資、貿易が増えるというように確信しています。
 2002年から2008年にかけてでございますが、日本と南アフリカ間の貿易に関してはとても大きな成長が見られました。それで先ほども申し上げましたけれども、経済が回復いたしましたら貿易も回復してくるだろうと確信しております。また日々の業務から申し上げますと今非常に大切にしておりますのが、いろんな日本の企業やビジネスの方とお会いすることでございまして、と言いますのはやはり、私といたしましては経済的な関係を強くすることが大事なことになってきているからです。当然日本からの関心というのは大変強いものがございまして、もちろんそれは日本以外の国からでも、南アフリカだけでなくBRICsと呼ばれる新興国に対しての興味というのは非常に大きいものがございますけれども、南アフリカといたしましては、日本の方々が南アフリカにとても強い関心を持ってくださっているのも非常に感じているところです。
 それで貿易のことから申し上げますと、今日本の企業で南アフリカに進出していただいているところが80から90社くらいあります。それは会社を出していたり、投資をしていただいているところということになりますが。それに南アフリカの大きな将来的なポテンシャルを考えていただいたり、あるいはここ5年から10年かけてインフラ整備がもっと進んでまいりますので、そうした時には日本と南アフリカの関係というのは将来的には非常に強い大きいものになっていくと考えます。インフラ整備に関しては、南アフリカは今後5年から10年の間に800億ドルほどかけようと考えています。それで例えば交通に関して言いましたら鉄道網であるとか、南アフリカの人々はとても新幹線の技術に興味を持っており、エネルギー分野でありましたらエネルギーを効率よく有効に使うための技術に興味を持っています。あるいは原子力の分野で日本に関心を持っています。逆に申し上げれば、こういった分野が日本にとっては大きな可能性のある分野になるのではないでしょうか?
 自動車に関してですが、トヨタ、日産のそれぞれのトップの方にお目にかかってお話しいたしましたところ、南アフリカにビジネスの拡大を考えているという風におっしゃいました。これはおそらく南アフリカで製造を続けるということだけではなく、南アフリカを通してアフリカ諸国だったり、あるいはヨーロッパに、ということを考えていると思います。
 先ほど戦略的なパートナーと申し上げましたが、実はこれは4月末に岡田外務大臣が南アフリカを訪問して下さいました時に、私どもの外務大臣、閣僚と話をいたしましたところ、日本と南アフリカの関係を戦略的なパートナーに格上げするという風にお話しをいただいたことがございます。この戦略的パートナーシップと言うのは三つの部分から構成されており、一つは2国間の経済的な結びつきをより拡大すること、経済的な関係の拡大に関して先ほど申し上げるのを忘れたかもしれませんけれども、もう一つの分野として自然資源とうものがございまして、これは私どもは日本の企業に買っていただくだけでなく、是非開発に参画していただいて関係をさらに強めていっていただきたいと考えております。恐らく南アフリカは世界で一番こういった戦略的な資源(鉱物)を保有している国ではないかと思います。
 二番目は日本と南アフリカがアフリカ全体の開発に向けて一緒に取り組んでいくということです。これに関しては先日岡田外相とお話しをいたしましたけれども、3国関係というものを構築したいと考えています。3国というのは日本と南アフリカだけでなく、もう一つの国がアフリカのどこかの国であるということで、3国関係を今後構築して行きたいと思っています。なにを目的としたものかと言いますと、例えば民主化を求めた良い統治であったり、経済的な開発であったり、平和維持といったことのために3国間の関係を開発できればと思っています。
 ということで一番目が経済関係、二番目がアフリカ全体における協力関係、そして三番目が私どもが考えておりますのが、より近い、より深い政治的対話を持つことです。これはテーマはアフリカに限らず世界的なテーマについて、環境問題であったり、軍縮であったり、国連の改革であったり、そういった多国間での対話に関わることを話し合いました。
 それから政治的な対話を深めることということで先ほど申し上げるのを忘れましたが、例えば世界的経済危機のようなものが起きました時に、私どもはアフリカにおいて唯一G20の参加国でございますので、こういった世界的な経済危機に関しましても日本とより密に話ができればと思っています。 (続く)

※『政界往来』(2010年11月号)より転載。

|

« 重要性を増す『日印グローバルパートナーシップ』 | トップページ | チリ救出劇に学ぶ国歌の力 »

VIP往来」カテゴリの記事