« 「再建」のモンゴル政治、我が国現政権も学べ | トップページ | (3) ダライ・ラマ法王と胡錦濤国家主席の訪日 »

2010年12月26日 (日)

ガート・ヨハネス・グロブラー南アフリカ共和国駐日特命全権大使 〔第3回〕

「何があろうと、南アフリカと日本は、相互に信頼し、尊敬しあう」

ペマ・ギャルポ(以下P) 前号で、ワールドカップ開催が南アフリカにもたらす影響について政治的、経済的な面からお話しいただきましたが、大使がご自身で感じられていることは何かありますか?

大使 たまたま昨日アメリカ大使館に独立記念日のお祝いで行ってきたのですが、そこでロイターの記者に会いまして、彼が言うには「正直なところ私は南アフリカがうまくやれるのか心配していました。でも南アフリカからの報告はすべて前向きなものばかりでした。心から大使にお祝いを申し上げたい」と言ってくれました。
 先ほど経済効果や投資効果や観光効果について申し上げましたが、もう一方で何よりも大事なのは、南アフリカの人々がこれを通して自信を持ったということ、結果、決断力を持ったということがあります。これがワールドカップのもう一つの政治的な波及効果になっていくと思います。これは初めてアフリカ大陸で開催されたワールドカップということで、自信や決断力を持ったのは南アフリカの人たちだけでなく、アフリカ諸国の人たちも同じように持っていただいていると思うのです。私だけでなく、他のアフリカ諸国の大使の人たちも、今日本で同じような気持ちを持ってくれていると思います。

P 質問事項に無い関連質問になりますが、私はスポーツオンチなので、もしかしたら既にやっているのかもしれませんが、この延長線上でゲーム、あるいはオリンピックを主催するという可能性はありますか?

大使 実際には私どもは1995年にラグビーのワールドカップをやっておりまして、それがこの前インビクタスという映画にもなっているのですが、それ以外にもクリケットの国際試合もやっております。ですから当然、ワールドカップの次は何だ?ということでオリンピックのことも考えていると思います。特に今回のワールドカップは10都市で開催されました。10都市で開催するのは非常にコーディネーションが難しかったのですが、オリンピックは基本的に1都市開催ですから、10都市でできたのだから、1都市ではそんなに難しくないと当然思っているだろうと思います。

P 最後の質問になりますが、世界中、そして日本にもネルソン・マンデラ氏の哲学、人格に共鳴している人たちが沢山います。私も今まで2回ほど南アフリカ大使館を通してテレビ局と一緒に行こうという手紙を出したのですが、そのまま宙に浮いたままになっています。その後マンデラ氏の健康の問題になったのですが、今はどうなさっているのかということに読者の方が関心があると思いますので、最近のご様子を。
 あと例えば観光というのとは違うとは思いますが、一種のピルグリメージとして、ネルソン・マンデラ氏に会いに行きたいという学生がいたら、それが可能かどうかということをお聞かせ下さい。

大使 まず私はとても幸運でして、ネルソン・マンデラとは密接に仕事をしておりました。何度もお会いしておりますし、最後に会ったのは去年でした。マンデラは非常に素晴らしい優れた党首であり、政治家であり、彼以外には前の政権から今の政権への平和的な移行はなしえなかったと思います。
 ただ彼の92歳という年齢と、既に現場から引いているという状況で、彼の周囲の人間は彼に引退している状況を十分に味わっていただきたいと思っております。ですから極力いろいろなことを退けております。彼には自分の時間を読書や静かに過ごしたりすることに使っていただきたいと考えてています。今回のワールドカップの時も多くの方から会いたいとリクエストがございまして、でも恐らく会ったとしても本当に数名にすぎなかったと思います。それ以外は周りも気を使って、せっかく引退したのだから十分休ませてあげようというふうになっています。
 国外に移動するにしても、国内の移動に関しましても極力避けるようにしておりまして、実はFIFAが今度の決勝戦の後で、優勝チームにトロフィーを渡すのをネルソン・マンデラに、という考えもあったようです。彼がそれを受けるかどうかは私どもは全くわかりません。高齢で体が弱っておりますので、彼とその家族に決定を任せねばなりません。ただネルソン・マンデラ財団、ネルソン・マンデラの精神を受け継いで、それを世界に伝えるという役割をする財団がまだまだ活発に動いておりまして、その中でネルソン・マンデラ子ども基金というのがございまして、それは本当に子どもたちにネルソン・マンデラの考え方を普及させ、実現させるという働きをするところです。

P ありがとうございました。私の方からは質問は以上ですけれども、大使の方から特に日本の皆さんにメッセージ等ございましたらお願いいたします。

大使 先ほども申し上げましたように、代表として日本に来れたことをとてもうれしく名誉に思っております。南アフリカの人は日本に対して本当に尊敬の念を持って見ております。それは例えば伝統であったり、それから経済力や科学技術であったり、あるいは商品の信頼性、例えばトヨタであれば、アメリカで何が起ころうとやはり南アフリカの人は忠実なトヨタのファンです。日本というのは何かを約束したときにはその成果を信頼できる。そして日本の世界平和維持に対する立場というのは、私どもは日本が国連を通していろいろな活動をしているのが非常に大きな金額だというのはわかっております。それに貢献しようとしているのもわかっております。また世界平和だけでなく、アフリカに対してもアフリカ開発会議を通してアフリカに大変貢献していただいておりますので、そうしたすべてのことを考えましても、文化も経済も全てのことをひっくるめて信頼を持ち、尊敬している相手でございます。 (了)

※『政界往来』(2012年1月号)より転載。

|

« 「再建」のモンゴル政治、我が国現政権も学べ | トップページ | (3) ダライ・ラマ法王と胡錦濤国家主席の訪日 »

VIP往来」カテゴリの記事