« 揺らぐ政治を正す総選挙を | トップページ | (82) ASEAN外相会議 中国の妨害 »

2012年8月14日 (火)

経済優先が招いた中国優遇

内側に脅威抱える日台 
チベット焼身見えぬ資本主義

 最近、本屋に立ち寄ると中国脅威論に関する記事が目立つようになっている40年以上中国の覇権主義的国柄について訴え続けてきた者として、少し嬉しく思うと同時に、もう遅すぎると叫びたくなる気持ちにもなる。石原都知事も国会でもう遅すぎるが、やらないよりは良いだろうとい‘うような趣旨のことをおっしゃっていた。私も同感である。
 戦後、国を再建するため経済復興に力を注ぎ、そのために総力をあげてきた日本は経済復興を成し遂げたあとも軌道修正ができず、経済最優先に徹している日本のリーダーたち、特に経済人のトップの方々が多い。それに加え60代以上の方々の中にはアメリカの戦後政策と中国の巧みなプロパガンダによって必要以上に先の戦争に対する罪悪感のようなものに縛られ、中国に奉仕することが善意ある行為と信じ込んでいる方々がいるようだ。
 さらに中国のインテリで日本を知り尽くしている美女軍団のサービススと特別便宜などで浮かれる方も少なくない。これは経済人に限ったものではなく、政界や官僚も例外ではないようである。だから新潟におけるとてつもない広大な地の売却が可能であったり、中国人のみに対し3年間の数次ビザが
発給されたり、中国の有能かつ愛国心に燃える官僚800名の研惨を福岡で実施することを日本の行政機関が引き受けるのも私から見ると危険極まる行為であって、その経緯を疑いたくなる。
 新潟の行政関係および経済界は中国人が沢山来てくれれば……という経済効果を重視する決定を行ったということらしい。また、福岡における中国人官僚の研修も同様に経済効果というものが正当性を持っているらしいが、国の安全保障の根本を揺るがす、このような経済最優先の政策は、国家の存亡に関わるという危機感が無いところに今の日本の根本的な問題があるのではないか。
 日本国の領土である尖閣諸島に日本人が自由に出入りできなくしているのは、日本政府に領土所有権に関する正当性が無いのではないかという印象を持つ外国社会も少なくない。尖閣諸島の地主が日本人であることを知る人も多くはない。また、日本政府がわざわざ土地を借り受け日本国民をそこに上陸させていない事実を知る人はもっと少ないだろう。
 日本のマスコミは以前に比べたら多少領土問題に関して触れるようにはなったが、パンダの赤ちゃんの誕生と死に関する報道ぶりに比較すると明らかに国益という観点をもっていないように見える。だからと言って私はパンダの赤ちゃんが可愛くない、あるいは生命が大切ではないと言っているのではない。ここでは国益との比して述べていることをパンダファンの皆様には理解していただきたい。
 私は本来、動物好きであり、動物が出る映画はなるべく時間を作ってロードショーを観に行くし、18年間同居していた犬が死んだきの喪失感や悲しみ'は忘れられ
ず、今でも写真を持ち歩くほどである。特に子供は人間であれ、動物であれ、そのあどけなさは心を和ませるには十分である。パンダが赤ちゃんを抱いている姿が愛らしく思えたのはチベットの動物であるという多少主観が入っていたかもしれない。だから私はテレビのコメンテーターや司会者たちが涙ぐんでいること自体は優しさであり、何の疑いも持たないが、今、世の中にチベットなど多くの国々で沢山の人々が強権政治のもと拷問され、殺されているという実態について無関心、あるいは見て見ぬりをしていることが不思議でならない。
 また、その無関心によって自らの子孫が同じ運命に会うかもしないという危険性を見抜こうとしないことにもっと驚愕を隠せない。そして日本のメディアの皆様には生命の尊重、人権が大切であれば、チベットで継続している焼身抗議およびその要困の実態についても少し目を向けて欲しいと切'に願っている。
 私はアメリカの全ての政策に共鳴している訳でもないし、支持するものでもないが、昨今の日米間の安全保障に関する一連の問題に関しても誰かが遠隔操作をして,日米の同盟を弱体化しているのはないかと疑いたくなる。このことについては台湾問題も同様に危慎している。東アジアの安定と繁栄のために台湾の地政学的条件は極めて重要であり、アメリカも度重なる台湾への中国の軍事力行使に対しては許さないと言っているが、その台湾も日本同様、中から崩れかかってきているように思う。アメリカと日本が本当に台湾のことを考え、東アジアの自由と健全な民主主義を守ろうという思いがあれば、軍事的だけではなく包括的に台湾の自由と独立を守るべきであると考える。
 日本と台湾の現状を静かに見守っていると、今、世界は一部の傲慢な資本主義者たちによって独占され、国家国民をないがしろにしているようにも見える。共産主義の独裁国家と戦っている間は敵が明確であったが、倣慢な資本主は国境、人種を越え所謂一握りの勝ち組が地球の資源を私有化し、負け組の人々は単なる労働者として扱われ、非生産的弱者を切り捨てるような環境を作っているよに見えるが、皆様はどうお考えだろうか。

※『世界日報』(2012年8月2日付)より転載。

|

« 揺らぐ政治を正す総選挙を | トップページ | (82) ASEAN外相会議 中国の妨害 »

政治批評」カテゴリの記事