« チベット民族を大量虐殺した中共を知らない日本人 | トップページ | 日本会議のさらなるご活躍への期待を込めて »

2012年12月22日 (土)

誇りある国家を創造しよう 日本再生を目指す、飛躍のつどい

 一〇月七日午前九時三〇分から、「日本再生を目指す、飛躍のつどい」(主催゠霊友会第八支部日本再生の会)が、大阪府羽曳野市の霊友会第八支部講堂で開催されました。
 斎藤安計第八支部男子部副部長は、「日本の将来に向け、国家観念を尊重する活動を推進しましょう」と呼びかけ、三谷英雄IIC 大阪府連代表は、「未来の子どもたちのために社会に役立つ人材育成に努めていきましょう}と訴えました。
 引き続き、増永友嗣IIC 参与は、中国による日本領土への違法行為など、わが国の危機的状況を解説し、「日本の正しい歴史を理解し、毅然とした姿勢を持つことが重要です。自信と誇りが持てる国家再生に向け、活動していきましょう」と呼びかけました。続いて、安倍晋三自由民主党総裁、平沼越夫たちあがれ日本代表、ペマ・ギャルポ桐蔭横浜大学教授による基調講演が行われました。
 安倍総裁は、戦後の日本国憲法と教育の影響について解説され、「戦後、日本人は日本国憲法と教育基本法により価値の基準を「損得」に置く精神構造が培われてきました。しかし、東日本大震災では、最後まで住民に避難を呼びかけ、自己犠牲を厭わずに亡くなられた方々も多くいました。その行動は、「損得」以上の価値を教えてくれました」。
 「元ハワイ州知事の日系アメリカ人のジョージ・有吉氏は終戦後に来日し、七歳の靴磨き少年にサンドイッチを手渡すと、『妹と二人で食べます』と空腹に耐えながら、唯一残された家族である妹へのやさしさを忘れない、その凛とした姿勢に、有吉氏は自身の出自に誇りを持ちました。この少年たちを育てたのは、日本の教育です。教育再生を推進し、誇りある国家の建設に努めてまいります」と話されました。
 平沼代表は、日本の歴史や皇室の存在意義などについて解説され、「日本は、一二五代の男系の皇室を護持する世界的に稀有な歴史と伝統を持つ国家です。万世一系の歴史を今後も継承していくためにも国家の再生に務めてまいります」と話されました。
 ペマ教授は、中国によって自国チベットが侵略され、信仰、言論、結社の自由が奪われた実情を踏まえ、「歴史的にチベットは独立国家ですが、中国によって武力制圧されました。日本の歴史ある伝統・文化を継承するためにも、国を守る気概、国家観を持つことが重要です」
と話されました。
 その後、増永昭範第八支部長は、「わが国は、多くの困難を抱えていますが、その要因は自虐史観教育にあります。学校では正しい歴史を教えず、国に誇りを持つことができない子どもを作り出す教育が繰り返されています。正法治国の精神を持ち、思いやりの溢れる社会づくりに向け、心を一つに行動を起こそうではありませんか」と呼びかけられ、増永由紀子第八支部長夫人は、「私たちには、世界平和に貢献する大きな役目があります。品格ある日本人としての誇りを忘れず、素晴らしい未来を手わたす活動を推進しましょう」と話されました。最後に参加者全員で「がんばろうコール」を行い、盛会裏に閉会しました。 

※インナートリップ・イデオローグリサーチ・センター『monthly IIC』(平成24年11月1日発行)

|

« チベット民族を大量虐殺した中共を知らない日本人 | トップページ | 日本会議のさらなるご活躍への期待を込めて »

ニュース」カテゴリの記事