« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月24日 (木)

(107) 安倍新政権のアジア外交

[解説] スタートした安倍政権のアジア外交と期待。※2013年1月19日収録。

|

2013年1月23日 (水)

尖閣問題とチベット問題の共通点

 近年中国は度重ねて尖閣諸島問題で日本に対して挑発的行為を続けている。
 これに対してごく一部の良識ある人々以外のマスコミなどは冷静に対応しろ、とか、国際法と国連に頼るような発言も目立っている。中には叡智を結集して両国間で当分この問題を棚上げにすべきだと、いう極論を言う人もいる。
 この人たちの言い分だと、大人であった郵小平と田中角栄は、この領土問題を棚上げすることで日中の友好関係を築いてきた、とのことである。‘
 私がチベットの体験からはっきり申し上げたいのは、棚上げなどとは中国にとって、時間稼ぎ以外の何ものでもなく、中国が一九五〇年軍事力でチベットを侵略し五一年に十七条協定なるものを押し付けたことに対し、東チベットを中心にして猛烈な反発が出始めた頃、一九五四年毛沢東はダライ・ラマ法王に、
「我が祖国の他の領土と違ってチベットには特有性があるので、革命的改革を当分押し付けない」
 という約束をして法王を安心させた裏で、着々とチベットへの道路をつくり、多量の工作員を「チベットに奉仕する」という名目で送り込み、彼らがチベットを軍事的支配しやすいような環境を整え、最後にダライ・ラマ法王を捕まえようとした。
 その時チベット国民は決起し、ダライ・ラマ法王はインドに亡命した。一九五九年のことであった。
 もしチベットが一九五〇年代初期に一致団結して戦っていれば、中国の侵略を阻止できたかもしれない。当時の中国はチベットに簡単に入れるような道路もなかったし、兵士を養っていくだけの食料も不足していた。国民党との内戦で兵力も弱まっていた。
 その上毛沢東と人民解放軍の軍部、そして劉少奇との対立が始まっており、内部の団結力をはかる必要があったので、時間稼ぎにチベットへの改革を押し付けない、という姿勢を取っただけで、それは鄧小平の棚上げ論と同質のものだった。
 やむを得ずインドに亡命したダライ・ラマ法王のチベット政府は国連に訴え、国際法と正義に期待した。アイルランドとマラヤ(現在のマレーシア、シンガポール)が提唱者となって国連で三度にわたって中国を批判し、非人道的行為をやめ、即時チベットから軍を撤退することを促す決議が採択された。
 また、ICJ 国際司法委員会(国際法律家委員会ともいう)はチベットにおいて中国軍による計画的組織的大虐殺があったこと、そして中国がチベットに侵略したとき、チベットが事実上の独立国家であったことを認める結論を出した。
 しかし中国は国連の決議を無視し、国際法に基づく正義も無視した。こうしたことからわかるように、中国にとって歴史的正当性、国際法の正当性、そして国連の存在は、自国の利益に合致しない限り、無視するのが当たり前のことである。

 一九四九年中華人民共和国誕生のとき、中国が有効に支配していたのは現在の中華人民共和国の三七%に過ぎない。それ以外の領土はすべて軍事力を背景に獲得し、ある時期においては友好関係にあったロシア、インド、ベトナムなどとも一戦交えているように、中国の本質は領土拡張主義以外の何ものでもない。
 日本はこうした事実から学び国際法と国連に甘い期待を抱くのをやめ、棚上げの畏にも撮らず、自国の領土を守る強い姿勢を持って臨むことのみが中国に有効な対策である。

※ 『われわれ日本人が尖閣を守る』(高木書房)所収。

|

2013年1月22日 (火)

『われわれ日本人が尖閣を守る』(高木書房)

Senkaku01

        本の詳細とご注文はこちらへ

|

2013年1月20日 (日)

(106) 中国政府に抵抗するチベットの若者たち

[解説] 中国共産党政府の植民地支配について。占領下で育った若い世代の命がけの抵抗。祖国のために、自由のために訴えることのリスク。※2012年12月14日収録。

|

2013年1月15日 (火)

(105) インドと日本のパートナーシップ

[解説] 現在の日印関係。互いの不足を補うパートナーシップについて。※2012年12月14日収録。

|

(104) 2013年の中国とチベット問題

[解説] 新年のご挨拶。中国の武装警察の格上げや国連とチベット問題。世界秩序ついて。※2012年12月14日収録。

|

(103) 尖閣諸島日中共同管理、中国への譲歩

[解説] 尖閣諸島の日中共同管理という提案について。中国に譲歩してはいけない。※2012年12月14日収録。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »