新刊のご案内

2016年8月15日 (月)

書評『日本・インドの戦略包囲網で憤死する中国』


著者:石平/ぺマ・ギヤルポ(対談)
発行:徳間書店
定価:本体1,200 円 +税 ISBN 978-4-19-864172-6

インドと中国に詳しいぺマ・ギヤルポ氏と中国専門家の石平氏の二人による対談です。本のタイトノ吟帯は刺激的ですが、内容は深い歴史認識と銳い地政学的分析に基づく情勢分析で、極めて直截で示唆に富んでいます。特に日本人が今後中国とインドの両国にどのように接していけばよいのかを考察する上で必須の書です。 それもそのはずで、二人とも若くして母国を離れて日本で学び、長い日本在住の中で中国やインドやアジア地域の政治・経済・軍事・外交を研究してこられた方です。日本人一般の地政学的認識の甘さを指摘しつつ、日本人が常識として知っておくべき中国共産党政権の闇を暴き、これまた常識として、日本人のインド観を正し、インドを正当に評価することの重要性を教えてくれます。対談はベマ氏が石平氏をインドに案内し、アジアの大国であるインドと中国との比較をするところから始まり、「同じ四川省の生まれと言いつつ、チベットの地からインド回りで日本に来て中国共産党政権から弾圧されている母国チベットの人々のことを憂慮するぺマ氏と、母国・中国のことを心配すればこそ舌鋒鋭い石平氏がここ日本で出会うべくして出会ったと言えます。寛容の精神に基づく世界最大の民主主義国家・インドと人権弾圧・言論統制の覇権主義的独裁国家・中国を鋭く比較分析し、日本のアジア戦略について真剣に語っています。このようなアジアの友人がこの時代にこの日本にいてくれることに感謝します。

※『月刊インド』(日印協会機関紙)掲載

|

2013年7月22日 (月)

☆書評☆ ペマ・ギャルポ著『日本の危機!中国の危うさ!!』(あ・うん刊)

 日本では、中国が尖閣諸島の領有を露骨に主張して領海・領空侵犯を繰り返すようになってから、離島や周辺洋上の「平和」が確かなものではないと動揺が広がった。それどころか著者は、日本がまるごと中国に支配されかねないと危惧してきた。祖国チベットを中国に侵略された経験から、狙ったら諦めない中国共産党の戦略戦術によって日本は「第二のチベット」になる恐れありというのだ。

 一方で著者は、既に日中の経済関係は拡大し、交流も盛んになり、環境問題などでは中国も日本を必用としていると訴える。ただし、今の日本のままで中国を相手にしたら、してやられるとの懸念を率直に伝え、中国の危険性を熟知したうえで、何を準備し、どう対中外交を進めるかを提唱した。

 気になる尖閣問題では、「中国漁船の領海侵犯からすべてははじまる」と、ベトナムの西沙諸島占拠、フィリピンの南沙諸島占拠のケースから中国の常套手段だと指摘し、深刻な段階とわかる。また、「棚上げ」との中国の提案は、「相手を油断させておいて、ある日すべてを奪い取る準備を積み重ねること」と解説。

 中国は、チベット、ウィグル、インドのアクサイチンなど建国以来、領土的版図を拡張しており、目指すところは中国「2050極東マップ」に載された、西日本の「東海省」、東日本の「日本自治区」だという。

 領土問題では、中国はまず強く出て、相手国が抵抗しなかったり譲歩すると入ってくるパターンが指摘されているが、日本が「平和憲法」で国防を怠り、妥協での解決を繰り返せば、地図は塗り替えられるだろう。

 ゆえに、拡張する中国に対抗するには、日本人が敗戦後の他国依存の意識を改め、武士道など日本が近代化と発展を遂げる背景となった精神を復興し、国を守るため憲法改正など改革を進め、他のアジア諸国、特にインドとの連携を強めていく方向を著者は説く。本書は見方を変えれば、どう安全を確保して騙されないで中国と付き合うかの処方箋である。 (窪田伸雄)

※『世界日報』(2013年7月14日付)より転載。

|

2013年1月22日 (火)

『われわれ日本人が尖閣を守る』(高木書房)

Senkaku01

        本の詳細とご注文はこちらへ

|

2012年2月12日 (日)

『最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌』(飛鳥新社刊)

日本人が読めば背筋が凍る!
ここまで来ている侵略工作

チベット出身者がから分かる
中国の悪辣な戦略

Book01_4




続きを読む "『最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌』(飛鳥新社刊)"

|

2009年7月12日 (日)

中国が日本人に読まれることを最も恐れる一冊!!

最新刊 『迷走 日本外交に物申す! 暴走する中国を止められるのか』(北星堂刊、税別1,300円) ISBN978-4-590-01248-3

Shinkan002
 本書で、日本の外交にいろいろ苦言を呈しました。なにかと「悪口」ばかり書きたてたようですが、それでも日本政府や外務省には頑張っていただきたいというのが、本当の私の気持ちです。
 そこで私なりに、どうすればいいのかといういくつかの提言をしておきます。
 まず、政治のあり方です。外国と折衝するにも、国内の体制が整っていないことには話になりません。何より政治家の質が問われるところですが、その政治家を選ぶ国民一人ひとりがしっかりしていないと、極めて危険な制度が民主主義なのです。
 しっかりとした国家観を持ちながらも、国際社会において国際社会の一員としての認識と視野を持つことも時代の要請です。また政治家のみならず国民の自覚と自信も大切です。歴史を振り返ってみたら、他によって滅ぼされた国も、実際は内部から崩壊しているケースが多いのです。 (「あとがきにかえて」より抜粋)



── 各章の目次 ──

第1章 他人事では済まされなくなるチベット問題

チベットを侵略した中国共産党/もともと独立国家だったチベット/「少数民族」の自立を約束していた中国/中国が犯した国際法違反/チベット人を殺戮し続けた中国/膨張する中国に日本が呑み込まれる日/中国の日本侵略が始まった!

第2章 脅威となる中国の軍事力

軍事大国化する中国/「不測の事態」が発生しても何もできない自衛隊/中ロ軍事演習の狙い/中印軍事演習の狙い/日米同盟に対抗する中国の動き/膨張する中国/威嚇する中国海軍

第3章 日本外交がいま直面している問題

アメリカの承認なしに日本の総理大臣は存在しない?/アメリカ依存からは脱却できない/首相の足を引っ張る愚挙/北朝鮮問題で利を得た中国/「将軍様」金正日がいちばん怖れていること/拉致被害者は置き去りにされた!/日本の国際貢献はどうあるべきか/国連の問題点/金だけをむしり取られる日本/国連憲章の矛盾

第4章 外務省の無責任体質と情報機関の脆弱さ

日本が行なった「テロ行為」?/弛みきった対応と責任感のなさ/責任をとらない体質/自殺に追い込まれた領事館員/事件を隠蔽し続けた外務省/非を認めない中国と追及できない外務省/主権を踏みにじられても問題意識なし/スパイの使いかたは一枚も二枚も上手/女性スキャンダルで弱みを握られる政治家/防諜システムの欠如/「情報低国」日本にもしっかしりた諜報機関を

第5章 大きな誤リがあった戦後処理

八月一五日に参拝するべきだった小泉首相/中国・韓国が靖国参拝に反対する理由/「東京裁判」は勝者の敗者に対する報復に過ぎない/東京裁判は正当性を欠く/歪められた「裁判」/「自衛のための戦争」か「侵略戦争」か/謝れば済むという事なかれ主義/中国のプロパガンダに負け続ける

第6章 主権問題に無関心な国民

「領土問題に無関心」は危険/いっこうに返ってこない北方領土/竹島問題/竹島を韓国領としたアメリカ/尖閣諸島問題/中国の味方をするアメリカ?/東シナ海ガス田問題/もっと領土問題に関心を抱くべき

第7章 エネルギー争奪戦争の舞台裏

資源ナショナリズムの台頭/資源エネルギーを武器に強硬外交を続けるロシア/イラク戦争の目的は石油利権/資源産出国の力がますます強くなる/石油をガブ飲みする中国/中国のアフリカ進出は国家成立のときから/日本の石油戦略にも対抗心/日本のシーレーンをも脅かす/脱二酸化炭素社会を目指す

第8章 やっかいな隣国、中国とどう向き合うか

中国の台頭に日本の立場は弱くなる/中国の「反日」は国是/日本を「悪人」に仕立て上げる中国/自らの非をけっして認めない一党独裁体制/「反日教育」で自らの正当性を主張する/「日本自治区」「日本省」とならないために/中国に金をむしり取られる愚/国民に日本の援助を知らせない中国政府/人命よりメンツを優先させる

迷走日本外交に物申す!-暴走する中国を止められるのか- Book 迷走日本外交に物申す!-暴走する中国を止められるのか-

著者:ペマ・ギャルポ
販売元:北星堂書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

2008年5月31日 (土)

この一冊で中国の崩壊危機がよくわかる!!

 book 新刊 book

中国が隠し続けるチベットの真実  

仏教文化とチベット民族が消滅する日 

32078808_2  

チベットの人々は今、世界に何を訴えているのか?

「チベットで起きていることは文化の大虐殺だと思っています」(ダライ・ラマ法王十四世)


2008年3月14日、チベットのラサ市で発生した中国政府に対する抗議デモはいったい、なぜこれほど大規模な”騒乱”に発展したのか──。

中国によるダライ・ラマ法王の否定、仏教建築物の破壊、非人道的な拷問・殺戮、チベット人を上回る数の中国人の移住、チベット語・仏教・固有の文化の抹殺……

中共のチベット侵攻以降、チベットの人たちがたどってきた苦しみの歴史と真実を明かす!

扶桑社新書 定価:本体720円+税                                             

Book 扶桑社新書 中国が隠し続けるチベットの真実 (扶桑社新書 30)

著者:ペマ・ギャルポ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|